偏光スタビライザ POS-202/POS-203

(株)日本レーザー

入力された偏光のSOPの高速変動を安定化して出力

【POS-202/POS-203 】は、高速の入力SOP変動に対する偏光状態(SOP)の出力安定性を保つGeneral Photonics社の偏光スタビライザ。5ms程度の入力偏光の不連続を補正し、また最大32π/sまでの連続的に入力されるSOP回転に対してリセットすることなくトラッキングする。偏光コントローラ、インライン偏光モニタ、専用アルゴリズムで構成。POS-202には、シグナル入出力の2ポートがついており、出力SOPをリニアに安定化。またPOS-203のポートは、シグナル入出力と光フィードバックシグナル用の3ポート。出力SOPが最大/最小になるよう光学/電気フィードバックシグナルに対して自動的に最適化。ユーザーはステップサイズ、フィードバック遅延、有効化閾値、サーチアルゴリズム(最大値または最小値)を、フロントパネルで操作またはデジタルインターフェースでリモートコントロールできる。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
偏光スタビライザ POS-202/POS-203

その他のカタログ

高画質サーモグラフィ VarioCAM Inspect

【VarioCAM Inspect】は、リアルタイム(60Hz)で384×288ピクセルの高画素(従来の汎用型320×240ピクセルよりも3万画素増加)を持つ長波長サーモグラフィ。さらに、VarioCAM独自の「画素数拡...

小型・高信頼性TEA CO2レーザー
レーザー/計測・加工応用装置総合カタログ
設置型サーモグラフィ IR-TCM
高速可変ピコ秒MOPAレーザー
レーザー回折式粒度分布測定装置 HELOSシステム
スーパーコンティニューム OCTシステム OCT System
高画質・高精度サーモグラフィ VarioCAM Research

会社情報

(株)日本レーザー

レーザー専門商社の草分けとして1968年から研究・開発者のニーズにお応えしてきた当社は、世界のトップクラスメーカーとの製品の輸出入、最先端理科学用レーザーから汎用性の高いレーザー装置のご提案など、いわば“グローバル・コミュニケーション”を構築しています。

日本レーザーは、多彩なレーザー発振器と周辺機器、これらレーザー光を応用した計測・解析・加工の各種目的に応じた装置、さらに幅広く光関連の機器・装置まで、豊富な製品をラインアップして皆様の要望にお応えすべく努めています。

(株)日本レーザー
〒1690051
東京都 新宿区西早稲田2-14-1
電話: 0352850861
http://www.japanlaser.jp