マルチモード・スクランブラ MMS-201

(株)日本レーザー

スペックルパターンのランダム化技術により、マルチモードファイバの出力を均一化

【MMS-201】は、多くのアプリケーションで問題となるマルチモードファイバ由来のスペックルパターンを、独自技術で効果的にランダム化し、ファイバ出力を均一化、光分布を安定化させるマルチモード・スクランブラ。スペックルパターンは20kHz以上の高周波で時間経過とともにランダム化。その結果、平均化時間>80msのカメラや検出器で測定すると出力の光分布の均一化および安定化を確認できる。オールファイバ光路のため、挿入損失が非常に低い。使用ファイバは特別な表面処理がされ、ストレスによる破損を防止し、高い信頼性を保証。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
マルチモード・スクランブラ MMS-201

その他の情報

・コンパクト 23×10.5×6.5cm
・高信頼性
・高速:スクランブル周波数20kHz以上
・オールファイバ光路で高効率
・ファイバ指定可
・低挿入損失 ≤1dB@635nm(コネクタ含む)

その他のカタログ

高速回転体温度計測システム

ブレーキ、クラッチ、タイヤなど、自動車の回転パーツの検査に最適なサーモグラフィベース・テストベンチシステム。独・InfraTec社製。システムトリガーで自動的に測定を開始、数キロヘルツのフレームレートで対象をスキャンでき...

異物/異色粒子分析装置 CALPAS
レーザー/計測・加工応用装置総合カタログ
タイミングスタビライザ・フィードバックシステム CLX-1100
設置型放射温度計 マラソンシリーズ
CW可視光出力レーザー ELBA
Sensofar社製 3D測定顕微鏡 S neox
スーパーコンティニューム OCTシステム OCT System

会社情報

(株)日本レーザー

レーザー専門商社の草分けとして1968年から研究・開発者のニーズにお応えしてきた当社は、世界のトップクラスメーカーとの製品の輸出入、最先端理科学用レーザーから汎用性の高いレーザー装置のご提案など、いわば“グローバル・コミュニケーション”を構築しています。

日本レーザーは、多彩なレーザー発振器と周辺機器、これらレーザー光を応用した計測・解析・加工の各種目的に応じた装置、さらに幅広く光関連の機器・装置まで、豊富な製品をラインアップして皆様の要望にお応えすべく努めています。

(株)日本レーザー
〒1690051
東京都 新宿区西早稲田2-14-1
電話: 0352850861
http://www.japanlaser.jp