高速・低損失でコンパクトサイズ、可動部品がない

【POD】は、データ伝送の中断がない高速の偏光評価を実行できる低コストなインライン偏光計。入力光の偏光度(DOP)と偏光状態(SOP)の両計算用に、4つの電圧信号を出力する。SOP/DOP算出用のアナログ信号を出力するプリアンプボード、フィードバックコントロール、コンピュータインターフェースが含まれている。全製品に校正マトリクスが付属。OEM用途向けにプリアンプボードや校正マトリクス抜きでも提供。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
偏光計 POD

仕様

用途 適用例
偏光モニタリング&偏光安定化システムへの統合、偏光評価システムへの組込み

その他のカタログ

小型・高信頼性TEA CO2レーザー

本製品は、コロナ予備電離光源と固体スイッチパルス発振器の一体化により、長寿命に加え、高安定性と高信頼性を実現したPaR Systems社のTEA CO2レーザー。特許の固体スイッチパルス発振器は、サイラトロンや調節制御が...

設置型サーモグラフィ IR-TCM
設置型放射温度計 マラソンシリーズ
2次元・3次元レーザー直接描画加工用ワークステーション μFAB
スーパーコンティニューム OCTシステム OCT System
高速可変ピコ秒MOPAレーザー
レーザー加工用ロングトラベル・リニアステージ IDL シリーズ
高速回転体温度計測システム

会社情報

(株)日本レーザー

レーザー専門商社の草分けとして1968年から研究・開発者のニーズにお応えしてきた当社は、世界のトップクラスメーカーとの製品の輸出入、最先端理科学用レーザーから汎用性の高いレーザー装置のご提案など、いわば“グローバル・コミュニケーション”を構築しています。

日本レーザーは、多彩なレーザー発振器と周辺機器、これらレーザー光を応用した計測・解析・加工の各種目的に応じた装置、さらに幅広く光関連の機器・装置まで、豊富な製品をラインアップして皆様の要望にお応えすべく努めています。

(株)日本レーザー
〒1690051
東京都 新宿区西早稲田2-14-1
電話: 0352850861
http://www.japanlaser.jp