PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

差動ADCドライバ内蔵耐放射線性36V計測アンプ ISL70617SEH/ISL70517SEH

インターシル(株)

30μVの低入力オフセットと0.2nAの低入力バイアス電流を実現した通信衛星向け

【ISL70617SEH/ISL70517SEH】は、±4~±18Vの広い動作電圧範囲により、大多数のアナログ電源レールに対応した差動入力レール・ツー・レール出力計測アンプ。個別の電源ピンを使用し、異なる電源から入出力段への給電が行え、また、高いコモンモード電圧上で入力信号を受け取り、低電圧デバイスへのレベルシフトを可能にする。「ISL70617SEH」は、通信衛星に重要な低レベル・センサ・テレメトリ・データのために優れたシグナル・プロセッシング性能を提供し、高い集積度とクラス最高の性能により、システムのサイズ・重量・電力(SWAP)コストの低減と製品開発期間の短縮を可能にする。すべてのゲイン設定で高いコモンモード除去比(CMRR)と電源電圧除去比(PSRR)を提供し、設計者は2個の外部抵抗を使い、計測アンプのゲインを0.1~10,000の間で簡単にプログラムできる。宇宙環境に極めて近い10mrad/秒の低線量率テストが実施されており、ウエハ・レベルで75krad(Si)まで性能が保証されている。同社独自のシリコン・オン・インシュレータ・プロセスを採用しており、重イオン環境で60MeVのシングル・イベント・ラッチアップ(SEL)耐性とシングル・イベント・バーンアウト(SEB)耐性を提供。さらに、10μ秒未満のシングル・イベント・トランジェント(SET)性能により、追加のフィルタリングを不要にする。また「ISL70517SEH」は、ISL70617SEHと同様の特長を備えたうえ、差動入力とレール・ツー・レール・シングルエンド出力を提供する。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
差動ADCドライバ内蔵耐放射線性36V計測アンプ ISL70617SEH/ISL70517SEH

その他の情報

・30μVの低入力オフセットと0.2nAの低入力バイアス電流
・120dB(代表値)の優れたCMRRとPSRRにより、センサ信号の減衰、ゲイニング、フィルタリングを行い、信号品質を向上
・±4~±18Vの広い動作電圧範囲により、大多数のアナログ電源レールに対応
・クローズドループ(-3dB BW):0.3MHz(AV=1k)~5.5MHz(A=0.1)
・拡張動作温度範囲:-55~+125℃
・米国国防兵站局の検査により電気的特性を保証(SMD 5962-15246)
・75krad(Si)の高線量レベルでウエハごとに承認テスト済み
・業界で最も低い線量率(0.01rad(Si)/s)での放射線耐性は75krad(Si)
・SEB LETTH(VS=±18V)耐性は最大60MeV•cm2/mg

関連製品カタログ

回転レゾルバアンプ DC-Q-S/M

【DC-Q-S/M】は、三菱電機社製シーケンサMELSEC-Qシリーズ用のポスコーダー変換器ユニット。ポスコーダー(STD(1回転型)/MTD(多回転型)シリーズ)を最大2軸(MTDシリーズは1軸)まで接続できる。検出器...

耐環境型リニアエンコーダ(GMR)アンプ IRDS-VR-L
耐環境型リニアエンコーダ(GMR)アンプ DC-Q-L
回転レゾルバアンプ CS-50A
アンプ 電気マイクロミリマール C1200
音圧レベル計測アンプ NA-42
2チャンネルチャージアンプ UV-16
回転レゾルバアンプ IRDS-VR-S/M

会社情報

インターシル(株)

インターシルは、革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードしています。インターシルの製品は急速に高度化し、モバイル化と消費電力の増加が進む電子機器の構成部品として、効率の向上とバッテリ駆動時間の延長を実現します。インターシルは広範にわたる設計資産(IP)、設計とプロセス技術開発の経験を活用し、産業機器/インフラ、モバイル・コンピューティング、車載、航空宇宙などの市場で活躍する有力企業の信頼できるパートナーとしての地位を確立しています。

インターシル(株)
〒1080073
東京都 港区三田3-11-36 三田日東ダイビル6F
電話: 0354392311
http://jp.intersil.com