防爆対応リモートI/Oシステム

(株)ピーアンドエフ

既存品とバス間のインターフェース

【LB・FB】は、フィールドバスを通じて広範囲にわたる個々のアナログセンサやアクチュエータをプロセス管理システムに接続する、非常にコストパフォーマンスのよいモジュラーシステム。異なったバスプロトコルを使用できるように、さまざまなゲートウェイを用意。耐久性、信頼性およびシンプルな操作性を特長としている(Zone-1内で使用可能)。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
防爆対応リモートI/Oシステム

その他のカタログ

ツェナーバリヤ SBシステム

【SBシステム】は、プラグ着脱可能なモジュールを持つターミネーション基板のツェナーバリヤ。事前配線が可能で、爆発危険区域にまで拡張する回路は、ツェナーバリヤが挿入されない限り、安全区域の回路から絶縁している。ターミネーシ...

AS-i G10超小型モジュール
防爆基礎概要
LiDARセンサ R2000/R2300/R2100
本質安全防爆近接センサカタログ
IO-Link対応オールメタル検出近接センサ
超音波センサ概要
光電センサ R10x/R20xシリーズ

会社情報

(株)ピーアンドエフ

株式会社ピーアンドエフは、日本のお客様のために、より細やかな情報提供とサービスを実現するために
PEEPPERL+FUCHS GmbH 100%出資の日本法人として、設立されました。
防爆のスペシャリストとしての技術コンサルティングを軸に、ファクトリーオートメーション、プロセスオートメーションの両分野において、お客様のニーズを的確に捉え、信頼のおける確かな情報提供とサービスを行ってまいります。

(株)ピーアンドエフ
〒2260006
神奈川県 横浜市緑区白山1-18-2 ジャーマンインダストリーパーク303
電話: 0459397802
http://www.pepperl-fuchs.co.jp/