パルスレンジ技術(PRT)利用レーザ距離測定センサ VDMシリーズ

(株)ピーアンドエフ

精度と安定性の向上を両立、外来光干渉による影響が少ない

【VDMシリーズ】は、PRT技術という直接距離測定方法を利用し、光学的に飛躍的な優位性を持ったレーザ距離測定センサ。データ収集は毎秒250,000回にも達し、データプロセスの収集データが増えたため、一層高い測定の繰返し精度が確保できる。外来光干渉防止能力は100000Lux.になり、外来光干渉による影響が少なく、動作の安定性を確保する。バックグランドサプレッション機能により、測定範囲外の対象物の誤検出を防止する。PRT技術の採用により、出力値はターゲットからの反射光のみを表示し、検出体の色や材質の影響を最小限に抑えることが可能。センサ内部のエレクトロニクスはより大きい動作温度範囲に適応することが可能で、同時に測定値の環境温度による影響を最小限に抑えることができる。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
パルスレンジ技術(PRT)利用レーザ距離測定センサ VDMシリーズ

その他の情報

VDM シリーズ・ラインナップ

・VDM28:中距離&光スポット径が小さい
・VDM35:中距離&中精度
・VDM70:長距離& 中精度
・VDM100:長距離&高精度
・VDM54:短距離&大きめの光スポット

製品カタログ

パルスレンジ技術 (PRT) 利用レーザ距離測定センサ VDM シリーズ

PRT技術という直接距離測定方法を利用した、新しいレーザ距離測定センサ

超音波二重シート検出・ラベル検出・継ぎ目検出
傾斜センサ/加速度センサ F99シリーズ
プロセス・オートメーション製品概要カタログ
信号変換器 SC-システム
医療・薬品・食品・パッケージング センサソリューション
二次元レーザスキャナ R2000
フルメタル超音波センサ UMB800

会社情報

(株)ピーアンドエフ

株式会社ピーアンドエフは、日本のお客様のために、より細やかな情報提供とサービスを実現するために
PEEPPERL+FUCHS GmbH 100%出資の日本法人として、設立されました。
防爆のスペシャリストとしての技術コンサルティングを軸に、ファクトリーオートメーション、プロセスオートメーションの両分野において、お客様のニーズを的確に捉え、信頼のおける確かな情報提供とサービスを行ってまいります。

(株)ピーアンドエフ
〒2260006
神奈川県 横浜市緑区白山1-18-2 ジャーマンインダストリーパーク303
電話: 0459397802
http://www.pepperl-fuchs.co.jp/