パターン認識レーザーセンサ SmartRunner

(株)ピーアンドエフ

複雑なワーク検出に対応

【SmartRunner(スマートランナー)】は、光切断法を使用し、複雑な形状を認識するパターン認識センサ。対象物の表面の輪郭や色に影響されず、信頼性の高い形状測定を実現する。ロボット、工作機械、検査装置、パッケージング等、幅広い分野での応用が可能。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ
パターン認識レーザーセンサ SmartRunner

その他の情報

主な特徴


■ VLDシリーズ:ディテクタ(検出用) 測定範囲 700mm
■ VLMシリーズ:マッチャー(照合用) 測定範囲 350mm
■ コンパクトボディー: 85mm x 55mm x 38mm
■ M12コネクタ接続:90度の角度調整が可能
■ 2次元コードに設定を保存し、読み取るだけでプログラミングも可能
■ 保護クラス: IP67
■ 高輝度LEDによる動作表示

アプリケーション事例:
■ ターゲットの存在有無
■ ターゲット形状の正確性チェック
■ ロボットの確実なグリッピング
■ 完成品のチェック
■ ターゲットのポジションチェック
■ 重複確認
■ エリアモニタリング

マッチャー使用例:
■ 自動車ボディーの複雑形状の認識と照合 – パターン認識によるロボットの確実なグリッピングを実現します。





ディテクタ使用例:
■ 基板検査装置:センサ1個で基板を支える4本の小さなメタル突起をモニタリングし、レンズとの衝突を防止します。
通常エリアセンサ(ライトグリッド)を2個使用するようなアプリケーションでもSmartRunnerセンサ1個でモニタリングが可能です。





コンパクトボディーで取付けも簡単!

製品カタログ

パターン認識レーザーセンサ SmartRunnerシリーズ

レーザー光の偏光技術と2Dビジョンの革新的な組み合わせをベースとしたSumartRunnerは反射光による形状認識機能によって、複雑なワーク検出に対応した高精度のセンサ。 この革新的なテクノロジは、複雑なプロファイルデ...

パルスレンジ技術 (PRT) 利用レーザ距離測定センサ VDM シリーズ
光電センサ R10x/R20xシリーズ
二次元レーザスキャナ R2000
ON/OFF信号専用省配線システム/AS-Interface
非接触センサ信号伝達システム WIS
リモートI/Oカタログ
プロセス・オートメーション製品概要カタログ

動画

会社情報

(株)ピーアンドエフ

株式会社ピーアンドエフは、日本のお客様のために、より細やかな情報提供とサービスを実現するために
PEEPPERL+FUCHS GmbH 100%出資の日本法人として、設立されました。
防爆のスペシャリストとしての技術コンサルティングを軸に、ファクトリーオートメーション、プロセスオートメーションの両分野において、お客様のニーズを的確に捉え、信頼のおける確かな情報提供とサービスを行ってまいります。

(株)ピーアンドエフ
〒2260006
神奈川県 横浜市緑区白山1-18-2 ジャーマンインダストリーパーク303
電話: 0459397802
http://www.pepperl-fuchs.co.jp/