応答波形を数値化してモーター巻線を検査、インパルス巻線試験器「ST4030」発売

2019/02/14

日置電機株式会社

HIOKI(日置電機株式会社:長野県上田市、代表取締役社長:細谷和俊)はこのたび当社初となるモーターの巻線の良否を検査する「インパルス巻線試験器ST4030」を発売いたします。 ST4030の発売により、抵抗計・耐圧試験器などと合わせてモーター巻線製造ラインで必要な検査用試験器のラインアップが揃います。 ST4030は応答波形を数値化するという新たな方法で、一般的な波形のずれによる面積比較では検出できなかったレイヤーショート(絶縁不良)の検出を可能にします。また、200MHzサンプリング、分解能12bitという高精度な波形検出性能を持ち、放電検出機能ST9000(HIOKI独自技術のオリジナルフィルター搭載)を用いて、擬似短絡による部分放電を検出します。

詳しくはこちら