AC/DC 2000Aの大電流を高確度で測定する貫通型電流センサー AC/DCカレントセンサCT6877を発売

2019/04/16

日置電機株式会社

~大電流化するEV/HEVインバーターの評価に最適~

HIOKI(日置電機株式会社:長野県上田市、代表取締役社長:細谷和俊)はAC/DC 2000Aの大電流を高確度で測定する貫通型電流センサー「AC/DCカレントセンサCT6877」を発売いたします。大電流測定に加え、広い周波数帯域や高いノイズ耐性により、大電流化、高速化が進むEV(電気自動車)/HEV(ハイブリッド自動車)搭載インバーター(直流から交流への変換器)やバッテリーの評価に最適です。

■特長
1.当社初、2000A対応の貫通型電流センサー大電流の多くは2~4本程度の電線に分岐して流れています。従来の電流センサーでは径の大きさや定格が足りないため、それぞれの電線を複数の電流センサーで測定し、センサユニットCT9557(オプション)で各電流センサーの測定値を合算して一つの信号として出力する機能を用いていました。CT6877はセンサーの内径が80mmと大口径のため、電線外径31mm(断面積250mm2)の電線が4本入ります。2000Aまでの電線であれば、一つのセンサーでまとめて計測が可能です。

2.広い周波数帯域定格2000Aの貫通型センサーではトップクラスの周波数帯域DC~1MHzを持っています。SiC/GaN素子により高速化したスイッチングの電流測定に最適です。

3.高い周波数帯域でも耐ノイズ性を大幅向上シールドの強化により、高い周波数帯域でのスイッチングに伴うノイズの影響を大幅に抑え、電流を正確に測定できます。

4.電力計との組み合わせ確度を保証電流センサー、電力計ともに自社で開発しているため、組み合わせ確度の保証が可能となり、安心してお使いいただけます。当社のパワーアナライザPW6001などの高精度電力計と組み合わせて高確度での測定が可能です。

詳しくはこちら