車載通信CAN/CAN FDの信号を電気的に金属非接触で検出するセンサー

2019/11/15

日置電機株式会社

■ 開発の背景 自動車にはECU(Electronic Control Unit / 電子制御ユニット ) と呼ばれる部品が多く搭載されています。ECUはエンジンやモーター、トランスミッション、エアバックなど、自動車のさまざまなシステムを電子制御するコンピューターです。電子制御の高度化に伴い、車載 ECU の数は増え続けています。その ECU 同士の通信に使われるネットワークの一つがCAN(Controller Area Network) です。CAN通信では、各種センサーの情報や制御情報など、重要な情報のやり取りが行われるため、自動車の開発・評価において CAN 通信の情報を活用する機会が増えています。 従来、CAN 信号を取得する際には、通信線の被覆をむいてプローブを被覆内部の信号線(金属部)に接触させるか、分岐ハーネスを用いて通信線を分岐させていました。しかし、通信線の被覆をむいて信号線に接触する場合には被覆による信号線の保護は失われ、分岐ハーネスを用いる場合には準備に工数を要してしまいます。 そのような課題を解決すべく、CAN通信線の被覆の上にセンサーを取り付けるだけで CAN 信号を簡単に検出できる「非接触CANセンサSP7001、SP7002」が開発されました。SP7001 は、CAN 通信をより高速にした次世代の車載通信 CAN FD の検出も可能です。

■ 特長1. 被覆の上から CAN/CAN FD 信号を検出「非接触 CAN センサSP7001、SP7002」は被覆の上から CAN 信号を検出できます。これまでのように被覆をむいて加工したり、CAN 信号を取得するための分岐ハーネスを作製したりする必要がなく、開発や評価の工数を削減できます。 非接触で信号を検出可能な本製品は、検出対象に電気的な影響を及ぼしません。したがって、従来方法で課題となっていた電気的特性の変化に起因する ECU の誤動作を引き起こす心配から解放されます。
2. 検出対象を改造せずに、CAN 信号を取得可能 非接触 CAN センサは CAN 通信線の被覆上にプローブを取り付けるだけで CAN 信号を検出できるため、自動車を改造する必要がありません。ECU単体の評価から最終的な車両評価まで、あらゆる開発段階で使用できます。 今後は自動運転技術の開発の加速に伴い、公道での走行試験の機会が増加していくと見込まれています。本製品を使用すれば自動車の改造が不要であり、電気的な影響も与えませんので、公道を走行する際も安心して試験できます。
3. 各社の CAN インターフェイス (CAN 解析ツール ) に接続可能 非接触 CAN センサの出力コネクターは一般的なD-sub 9 pin 端子です。お客様が使用する CANインターフェイスを有するアナライザー、ロガー、測定器などに接続できます。

詳しくはこちら