産業用システムの可視化を促進するHTML5対応産業用ウェブパネルを新発売

2019/05/07

フエニックス・コンタクト(株)

~オープンで標準的なウェブ技術を活用し、省工数でスマートなシステム構築を実現~

ドイツに本社を置き、産業用接続機器から制御・通信機器まで供給するフエニックス・コンタクト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:青木良行)は、産業用ウェブパネル「WP 4000」および「BWP 2000」(以下「本ウェブパネル」)を、2019年5月14日より日本国内にて販売開始します。

昨今、あらゆる産業で人手不足が顕在化する中、設備やプロセス状態の監視、データ活用をするための産業用システムの可視化の促進は引き続き重要なテーマとなっています。本ウェブパネルは、オープンで標準的なHTML5の表示機能に特化したシンクライアント・ウェブ表示端末です。ウェブサーバーを使用して画面を一元管理することにより、これまで表示端末ごとに必要だったソフトウエア等の設定管理が最小限となり、メンテナンスの人手や工数を増やさず省工数で、かつ高価なパネルPCや表示器が不要なため省コストに 、複数の表示端末を運用することができ

さらに、画面表示方式を特定企業の方式ではなく、ウェブ画面の標準であるHTML5に統一することで、ウェブサーバー、画面作成ソフトウエアに選択肢ができ、各種ウェブブラウザを搭載したノートPC、スマートフォン、タブレットなど多様な機器から、任意の場所での表示を実現でき利便性が高まります。

本製品ラインアップは、基本的な性能で1タブ表示に限定したプラスチック筐体の「BWP 2000」と、より高性能で4タブ表示可能でメタル筐体の「WP 4000」の2モデルがあります。画面サイズのバリエーションはそれぞれのモデルで異なり、ご使用の環境や用途、条件に合わせた機種をお選びいただけます。

また弊社PLCnextコントローラ(「AXC F 2152」、「RFC 4072S」)はLinux OS、アクセス制限が可能なウェブサーバーを搭載し、無償エンジニアリングソフトウェア(「PLCnext Engineer」)によるHTML5ファイル編集が可能であるため、本製品と組み合わせて使用することで、制御と画面が一元管理されたスマートなシステム構築が可能です。

■HTML5についてウェブ技術の標準化団体W3Cが勧告するウェブ画面の記述言語HTMLのメジャーバージョン5。メジャーバージョン4で不足していた記述性が増し、プラグインを使用しない表示が可能になります。

製品について詳しくは、最寄りの営業拠点までお問い合わせください。フエニックス・コンタクトは、今後もお客様のニーズを先取りする革新的な製品ラインアップにより、省工数化、省スペース化、デジタル化時代に対応するお客様のIoT化促進に貢献します。

【参考】HP製品情報URL一覧:
■ウェブパネル「WP 4000」:http://www.phoenixcontact.co.jp/wp4000
■ウェブパネル「BWP 2000」:http://www.phoenixcontact.co.jp/bwp2000
■コントローラ「PLCnext Control」:http://www.phoenixcontact.co.jp/plcnext_controls