フエニックス・コンタクト社の「SafetyBridgeTechnology」が日本製PLCキーエンス社「KV-8000/7000シリーズ」に初対応

2019/07/26

フエニックス・コンタクト(株)

~他社PLCへの適応拡大により現場の機能安全向上に貢献~

ドイツに本社を置き産業用接続機器から制御・通信機器まで供給するフエニックス・コンタクト株式会社(本社︓神奈川県横浜市、代表︓青木良行)のネットワークセーフティである「SafetyBridge Technology」(以下本製品)が、この度日本製PLC、キーエンス社のプログラマブルコントローラ「KV-8000/7000シリーズ」に初めて対応しました。

本製品はさまざまな産業用ネットワークに対応する点が特徴です。今回キーエンス社のコントローラに適用することができることになり、一般PLCでネットワークセーフティを実現できる選択肢が増えました。人手不足に伴い省人化を推進する工場現場のAMR(自律移動ロボット)などの機能安全対策にも最適です。製造業をはじめ様々な業界で、低コストでスマートな安全ソリューションを提供します。

■SafetyBridge Technologyの特長︓
- Black Channel 通信により、安全PLCと安全ネットワーク不要
- 一般PLCと産業ネットワークでネットワークセーフティの実現が可能
- 同じネットワークに一般入力 / 出力と安全入力/出力を混在することが可能
- 安全規格 IEC 61508 SIL 3, IEC 62061 SIL CL 3, EN ISO 13849-1 Cat. 4 / PL e まで可能
- 無償のプログラミングツールソフト SAFECONFによりドラッグ&ドロップの簡単操作で安全回路が構築可能
- BluetoothおよびWi-Fiでワイヤレスセーフティが可能(PROFINET, EtherNet/IP, Modbus TCP)
- 対応PLC︓KEYENCE KV-8000/7000 シリーズ、SIEMENS S7、Rockwell RS Logix、など

■対応製品・型式︓
・ AXL F LPSDO8/3 1F (2702171)
・ AXL F SSDI8/4 1F (2702263)
・ AXL F SSDO8/3 1F (2702264)

■製品詳細URL︓http://www.phoenixcontact.co.jp/sbt