カメラ/ CAD 動画紹介

フォトロン カメラ/CAD動画一覧
ハイスピードカメラの導入事例

フルラップ前面衝突試験を耐G・小型ハイスピードカメラで撮影。車内のダミーの挙動やエアバッグの展開状態がフルHD画像(1920x1080画素)で鮮明に映し出せます。フルHD 画像は従来の車載カメラ(640×480 画素~1280×1024 画素)と比較して1.5~7倍の高い分解能を持つため、より詳細な現象把握が可能です。

燃焼・流体
エンジンの燃焼実験を高感度・高解像度ハイスピードカメラで撮影。従来は撮影が難しかった青炎の輪郭も可視化可能。

工業 / 生産・製造

生産ラインのトラブルシューティング用途使用例:
パッケージ搬送時の不具合を長時間録画可能なハイスピードカメラで撮影。

自動車

スモールオフセット衝突試験(Car to Car・15%)衝突試験を耐G・小型ハイスピードカメラで撮影。車載カメラの高性能化、高解像度化ニーズに対応。

学術 / 研究開発

低出力のCWレーザーを使用して翼周りの気流を高感度ハイスピードカメラで撮影。暗い環境でも感度調整で鮮明に表示。
CAD の操作動画例

AutoCAD の最新バージョンのデータ形式(AutoCAD2015) に対応しています。文字化けを解消する個別設定の追加や曲線情報の読み込みなど、データ互換精度度を向上しています。 AutoCAD のレイアウト空間の読み込みにも対応しているので、図面データのやり取りをさらにスムーズにします。

手書き感覚で覚えやすい操作性
用紙サイズと縮尺を決めてから、完成図面をイメージして製図できます。 描いた図面がそのまま印刷できるので、設計者の意図が伝わる美しい 図面が描けます。レイアウトを後付する1/1製図のCADが苦手な方に最適です。 また、他のCADに類をみない豊富な補助線(下書き線)機能を搭載しており、 手書き感覚で簡単に製図できます。

PDF データをCAD データに変換

取引先から受け取ったPDFファイルをCADデータに自動変換して読み込みできます。 PDF内のベクトルデータ(文字、レイヤ情報、線種・線幅など)を自動認識して 図形要素として読み込めるので、PDF図面データをCADデータとして活用できます。 また、スキャンした紙図面の読み込みにも対応しており、図面のクリーニングや 縮尺補正、CAD上での加筆、面積計測などもおこなえます。

図面比較機能で違いを簡単に発見

相違点がハイライトで表示され、変更箇所が一目瞭然。 検図作業を大幅に削減し、設計変更漏れのチェックに効果大。

動画マニュアルで操作の悩みを解決

「" 図脳CAD" で何ができる?」「こんな図形を描くには?」そんな疑問をお持ちになっているCAD初心者の方やユーザー様に便利な使い方を動画による定期コラムで紹介。