「九州放送機器展2016(QBEE)」に出展

2016/07/12

(株)フォトロン

~EVS、Avid、BlackmagicDesign、Vizrtなどの最新ソリューションを提案~

放送/映像関連機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長布施信夫、以下フォトロン)は、2016年7月21日(木)~22日(金)の2日間、福岡国際センター(福岡市博多区)で開催される、九州の放送・映像・通信・コンテンツ制作関連に携わる方々を対象としたプロフェッショナル・業務用機器・関連サービスなどの総合展示会「九州放送機器展2016(QBEE)」に出展します。


【出展コンセプト】
「九州放送機器展2016(QBEE)」フォトロンブースでは、EVS、Avid、BlackmagicDesign、Vizrtなどの最新ソリューションを展示し、お客様のニーズにあわせた最適なワークフローをご提案いたします。ぜひ皆様お誘いあわせのうえ、お気軽にご来場ください。【フォトロンブースNo.L-85】

九州放送機器展(QBEE)フォトロンブースのご紹介
http://www.photron-digix.jp/info/2016/100720.html


【出展製品】
『EVS』スポーツの魅力を最大限に引き出す制作システム
国内初出展の審判や熟練したオペレーター用に設計された審判判定用マルチアングルシステム「Xeebra」を出展します。また、6、8倍速等の複数HFRカメラとノーマルカメラを自在に制御可能な「XT3 Channel MAX」や、EVSクリップをノンリニア編集機に吐き出し即時編集、SDIポートを使わずMXF等のファイル素材を活用する「Xfile3」を出展します。


『Avid』新ストレージAvid NEXIS・Media Composer、Resolveで実現する4K HDR編集
新製品の次世代ストレージ「Avid NEXIS E4」を出展します。「Media composer」だけでなく、EDIUS、FinalCutPro、Adobeなどのノンリニア編集機とのシームレスな運用をご提案します。また、ノンリニア編集システム「Media Composer」「Artist|DNxIO」を出展し、BlackmagicDesign「DaVinci Resolive STUDIO」との4K/HDR連携ワークフローをご紹介します。


『Vizrt』最小構成のリアルタイムCGで最大の演出効果を
制作/選挙番組でお馴染みのタッチパネルによるVizrtシステム連携操作を体験していただけます。また、Vizrtが正式にサポートしている「AJA io4K」との組み合わせで、最小構成でスポーツ番組の演出を最大限に引き出す仕組みをご提案します。


【開催概要】
■展示会名称九州放送機器展2016(QBEE)
■会期2016年7月21日(木)~22日(金)10:00~18:00※最終日は17:00まで
■会場福岡国際センター(福岡市博多区築港本町2-2)
アクセス:http://www.q-kikiten.com/access.html
■ブースL-85
■主催一般財団法人日本ポストプロダクション協会