操作性とスピードを追求した国産・自社開発のテロップシステム 『TFX-Artist』を新発売

2016/09/02

(株)フォトロン

放送/映像関連機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 布施信夫)は、主にバラエティ番組などの放送用テロップ/タイトルを制作する、国産・自社開発のテロップシステム 『TFX-Artist』 を、2016年8月31日に発売いたします。


【「TFX-Artist」開発コンセプト】
■操作性と使いやすさを追求
文字装飾やショートカットなど、Dekoライクな操作性と使いやすさを追求しました。

■操作レスポンスと作業スピードを追求
2D文字装飾に特化した機能を多数搭載し、操作のレスポンスを追求。テロップ/タイトル制作時のスピードアップを図りました。

■国産・自社開発の独自性を追求
カーニングや異体字など、フォントが持つ情報を最大限に活用。横書き/縦書き変換などの機能も搭載しています。



【「TFX-Artist」主な特長】

(1)縦書き・横書き、異体字などに特化した強力な日本語関連機能
・[横書き]⇔[縦書き]を素早く切替
・[横書き内に縦書き]を[縦書き内に横書き]にワンタッチで変更
・異体字の差替え、挿入を強力にサポート

(2)幅広い表現を可能にするグラデーション・VFX機能
・自由度の高いグラデーション
・VFX(ライティング)の組み合わせで幅広い表現を実現
・VFX(べベル)機能で、素早く立体感を表現

(3)自由度の高いテクスチャ機能
・さまざまな設定が可能なテクスチャ
・Photoshopファイル(PSD)、動画ファイルをテクスチャとして設定可能


詳しくは、テロップシステム『TFX-Artist』製品ページをご覧ください。
http://www.photron-digix.jp/telop/