高性能・小型軽量密閉筐体、100万画素で12,800fps の撮影性能|ハイエンド・コンパクト高速度カメラ『FASTCAM Nova シリーズ』新発売

2018/11/15

(株)フォトロン

株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長布施信夫)は、100万画素解像度(1024×1024画素)で12,800コマ/秒、最高撮影速度100万コマ/秒の高速撮影が可能な小型軽量の高速度カメラ『FASTCAM Novaシリーズ』として、『FASTCAM Nova S12』と『FASTCAM Nova S9』、『FASTCAM Nova S6』を同時新発売いたします。

【製品名】『FASTCAM Nova S12』『FASTCAM Nova S9』『FASTCAM Nova S6』
【発売日】2018年11月19日
【価格】価格はお問い合わせください。

■製品化の背景
民間企業の研究開発部門や大学・官公庁の研究機関において、高速度カメラを使用した高速現象の可視化や解析手法は一般的になってまいりました。中でも最先端の研究開発テーマでは、高速度カメラに要求される解像度と撮影速度の性能が年々向上しており、特にハイエンドと位置付けられる機種では、100万画素で10,000コマ/秒以上の撮影性能が求められています。しかし、ハイエンド機種は「筐体が大きい」「重い」というのが一般的で、「機材の設置場所が限られる」「セッティングが困難」といった課題を抱えていました。また、撮影した映像データを効率的に取得する必要性が叫ばれる中、従来から「高速度カメラはデータ転送に時間が掛かり、作業効率が悪い」といった課題もありました。
当社では、このようなニーズの高まりに応えるべく、新アーキテクチャの採用により、100万画素で12,800コマ/秒、最高100万コマ/秒という当社従来製品※1 と同等性能で「体積1/3・質量1/4」の小型密閉筐体を実現した、“ハイエンド性能でコンパクトサイズ”の高速度カメラ「FASTCAM Nova」シリーズを開発、発売いたします。
 当社技術で好評の高速CMOS センサーをさらに改良し、感度性能も当社従来製品※1に比べ2 倍のISO64,000に向上しております。また、オプションの専用SSD「FAST Drive」にも対応し、従来※2 比約10倍のデータ転送速度で撮影にかかる作業効率を大幅に向上させることも可能です。この持ち運びしやすく、作業効率も良いハイエンド高速度カメラが、最先端の研究分野で広く支持されることを当社では確信しております。

※1 FASTCAM SA-X2 RV
※2 ギガビットイーサネット接続

FASTCAM Nova製品ページ
https://www.photron.co.jp/products/hsvcam/fastcam/nova/