4K/HD・VoIP対応ハイエンドライブプロダクションサーバ「EVS XT-VIA」をNHKメディアテクノロジー/NHKグローバルメディアサービス共同製作の4K中継車「4K-OB1」に納入

2019/01/09

(株)フォトロン

株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 布施信夫、以下 フォトロン)は、4K/HD・Video Over IP対応ハイエンドライブプロダクションサーバ「EVS XT-VIA」3式を、株式会社NHKメディアテクノロジー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 松本睦雄、以下 NHKメディアテクノロジー)と株式会社NHKグローバルメディアサービス(本社:東京都渋谷区、代表取締役 石田研一、以下 NHKグローバルメディアサービス)が共同で製作した4K制作のための中継車「4K-OB1」に納入しました。

4K解像度のマルチスポーツやエンターテインメント番組制作のために製作されたこの4K-OB1中継車には、「EVS XT-VIA」サーバとともに、アーカイブ転送エンジン「EVS XFile3」も3式設置されています。
NHKメディアテクノロジー 放送技術本部ビジネス開発部 担当部長 望月様のコメント『当社がより高い次元の高品質なコンテンツを制作するには、最先端技術といえるリモートプロダクションを必要とします。この4K-OB1中継車は、極めて効率的に高品質なコンテンツ制作を可能にします。』

フォトロン 映像システム事業本部 映像システム二部 部長 宮澤のコメント『EVSの最新ライブプロダクション技術は様々な解像度、オペレーション環境に適しています。NHKメディアテクノロジー様より新中継車のご相談をいただいた時は、「EVS XT-VIA」が制作ワークフローの中心的な位置づけとなる最適なソリューションをと考えました。』

■EVS XT-VIAについて

4K 6ch HD12ch+のインジェスト/送出を実現するライブプロダクションサーバ。スポーツ中継やライブイベントを中心とした制作環境で、4Kネイティブコーデック対応、マルチカメラスローリプレイ、プレイリスト編集、ハイフレームレートカメラに対応。HDR制作でも使用可能です。SDI/VoIPハイブリッドサポートでローカル/リモートプロダクションを実現します。

EVS XT-VIA製品詳細
https://www.photron-digix.jp/product/evs_xt_via/

■EVS社について

ベルギーに本社を構えるEVS社は、デジタルプロダクションのマーケットで20年の実績を持つディスクレコーダ/ビデオサーバのメーカーです。スポーツ/ライブプロダクションの演出手法として高い評価を受けている「スローリプレイ」「ハイライト」の映像制作システムとして、世界トップシェアを誇り、また、その高い安定性とユーザーライクなインターフェースが、多くのオペレータから愛されています。