3DCADや図面管理システムでモノづくりの業務効率化を支援 「第30回 設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展

2019/01/25

(株)フォトロン

株式会社 フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 布施信夫)は、2019年2月6日(水)~8日(金)に東京ビッグサイトで開催される製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展「第30回 設計・製造ソリューション展(DMS)」(主催:リード エグジビション ジャパン株式会社)に出展します。

■出展概要

つながる技術 つなげて解決
3DCADを中心とした業務効率化支援のソリューションを提供

フォトロンブースではCATIAデータをそのまま編集できる3D CAD新製品『図脳CAD3D』や製造業向け図面管理システム『図脳TeCA(ティーカ)』を出展。
3D CAD、図面管理システムといった製品で設計から生産技術までお客様の様々なプロセスの効率化を支援します。
またブース内では、プロのプレゼンターによる『図脳CAD3D』の特長をわかりやすく紹介するデモンストレーションも行います。

>出展詳細ページ
https://www.photron.co.jp/event-seminar/20181225.html

■出展製品

●3DCAD

「CATIA V5/V6」のデータをそのまま編集できるダイレクトモデリング3DCAD『図脳CAD3D』

・日本のものづくりに適した直感的な操作性
・多彩なデータ互換を標準装備

●図面管理システム

「働き方改革」をサポートするWebブラウザベースの『図脳TeCA(ティーカ)』

・セキュリティを確保し、情報共有を推進
・出図ミスによるトラブルを撲滅
・タイムリーな出図を実現しムダを削減

■開催概要

名称:第30回 設計・製造ソリューション展(DMS)
開催期間:2019年2月6日(水)~8日(金)10:00~18:00(※最終日は17:00まで)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社