2.6メガピクセル超小型カメラヘッドを最大6ヘッド同時接続可能|自動車衝突安全試験用高速度カメラ「FASTCAM MH6」新発売

2019/03/05

(株)フォトロン

株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長布施信夫)は、268万画素(1920×1400画素)で750コマ/秒、最高10,000コマ/秒の撮影性能を持つ超小型カメラヘッドを最大6ヘッド同時接続可能な高速度カメラ(ハイスピードカメラ)FASTCAM MH6を発売いたします。

製品名:FASTCAM MH6
発売日:2019年3月5日
価格はお問い合わせください。

■製品化の背景
 自動車の衝突安全試験において、乗員保護や歩行者保護などの安全基準が強化される中、カーテンエアバッグやセンターエアバッグの研究開発が重要視されています。
 衝突安全試験では、カーテンエアバッグの展開時に車室内からダミー人形の挙動を鮮明に撮影する必要があります。しかし、高解像度のカメラは筐体が大きいため設置が困難であり、小型のカメラは解像度が低くて鮮明に撮れないという課題がありました。
 また、ヨーロッパで実施されている自動車安全テスト「Euro NCAP」の「ファーサイドの側突試験」では、スレッド上に6式のハイスピードカメラ設置が規定されているため、多数のカメラの設置や制御の利便性向上が求められていました。
 当社では、このようなニーズに応えるべく、新開発した268万画素(1920×1400画素)の高速イメージセンサーを搭載した超小型カメラヘッドを開発。さらに、1台のメインユニットに最大6ヘッドの接続が可能で、その全てが完全同期撮影できる画期的な高速度カメラ「FASTCAM MH6」を開発いたしました。
 この自動車衝突安全試験用高速度カメラが次世代の自動車開発に広く活用され、より安全な車社会に貢献できることを当社では確信しております。

■「FASTCAM MH6」の主な特長

・35mm角の超小型ヘッド&φ5mmの高屈曲ケーブル
・最大6チャンネルのマルチヘッド
・268万画素で750コマ/秒、FullHD(1920×1080画素)で1,000コマ/秒の撮影性能
・SSDと不揮発性メモリの2重バックアップで撮影データを保護