「ハイスピードカメラ溶接可視化システム」で各種溶接に最適な可視化をご提案 | 溶接・接合関連の展示会「2019ウエルディング・フォーラム in 西日本」に出展

2019/06/18

(株)フォトロン

株式会社 フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水隆)は、2019年6月19日(水)~21日(金)の3日間、西日本総合展示場で開催される「2019ウエルディング・フォーラム in 西日本」に出展いたします。

フォトロンブースでは、高温で非常に強い光を放つ現象を「どのように可視化するか」について、新製品ハイスピードカメラ「FASTCAM Nova」をはじめ、アプリケーション用途に特化したFASTCAMシリーズや関連ソフトウェアを出展。挙動・溶融池・スパッタの飛散・溶接スラグの生成・凝固挙動などの可視化、電圧/電流などの波形データの同期撮影などを提案します。

■出展製品

・《新製品》ハイエンド・コンパクト 新ハイスピードカメラ「FASTCAM Nova」

120×120×217.2mm、質量3.3kgという小型軽量密閉筐体でありながら、最高1,000,000コマ/秒(※S12モデル)という撮影速度を実現。新改良の低ノイズ、高感度CMOSセンサーを搭載し、従来では困難だった暗部の撮影も可能です。

・手のひらサイズ+超高感度+超高画質ハイスピードカメラ 「FASTCAM Mini AX」

120×120×94mm、質量1.5kgという軽量コンパクト筐体でありながら、最高900,000コマ/秒(※AX200モデル)という撮影速度を実現。波形測定オプションで電圧、電流といった計測波形データを同期させて取得、表示させることも可能です。

・2色温度解析ソフトウェア「Thermera(サーメラ)」

溶接や燃焼などの高温領域の温度解析ができます。二色温度法を用いているので赤外線サーモカメラとは異なり、ガラス越しの温度解析や、レンズを自由に選ぶことが可能です。固体・液体の温度分布を Ratio二色温度法で、燃焼場の温度とkL値をHottel&Broughtonの二色温度法で解析し、温度分布の擬似カラー表示と作表ファイルを出力します。

■開催概要

名称:2019ウエルディング・フォーラム in 西日本
開催期間:2019年6月19日(水)~21日(金)10:00~17:00 (最終日16:00まで)
会場:西日本総合展示場 新館C展示場
主催:「2019ウエルディング・フォーラム in 西日本」実行委員会、産報出版株式会社