業務効率化を実現する「制作ワークフロー」を提案、11月13日から3日間開催の「InterBEE2019(国際放送機器展)」に出展

2019/10/30

(株)フォトロン

放送/映像関連機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水隆)は、2019年11月13日(水)~15日(金)の3日間、幕張メッセで開催される「InterBEE2019(国際放送機器展)」において、業務効率化を実現する“制作ワークフロー”を提案します。【ブース:Hall6.6403】

■InterBEE2019 フォトロン出展コンセプト

InterBEE2019フォトロンブースでは、《 業務効率化を実現する“制作ワークフロー”を提案 》をテーマに、従来の映像制作を効率的に改善するための新しいワークフローを提案します。各作業に特化した製品やサービスの紹介だけでなく、ワークフローとしてシステムアップした場合のメリットや運用イメージを紹介します。

IPとSDI、クラウドとオンプレなど、それぞれの制作によって最適なフォーマットを選択いただけるよう、各製品コーナーではスペシャリストによる詳細説明をおこないます。8K/4K に対応した編集・グレーディングツール、ライブ/スマートプロダクションシステム、リアルタイムグラフィックシステム、クラウド編集やテロップツール、ストレージ、パッケージング用トランスコードシステム、ファイル転送サービス、働き方改革を訴求するモバイル編集アプリなど、映像制作全体をカバーするソリューションを提案します。

また、アマゾンウェブサービスジャパンブース(Hall6.6401)内フォトロンコーナーに、クラウド制作フロー対応の新サービス「Pharos(仮称)」を初出展します。「Pharos(仮称)」は、完成原版などのメディアや資料等のデータを一括で管理し、活用する国産・自社開発のサービスです。そのほか、AIによるSpeech To Textやトランスコードサービス連携、Cloud編集などの製品も出展します。

■InterBEE2019 開催概要
名称:InterBEE2019(国際放送機器展)International Broadcast Equipment Exhibition 2019
会期:2019年11月13日(水)~15日(金) 10:00~17:30 *最終日17:00まで
会場:幕張メッセ
ブース: Hall6.6403
主催:一般社団法人 電子情報技術産業協会

InterBEE2019フォトロンブースのみどころはこちら
https://www.photron-digix.jp/promotion/interbee2019/