ものづくりの“データ断絶”を解消、「日本の“ものづくり”支援ツール」3D CADソフトウェア『図脳CAD3D V2』新発売

2020/02/05

(株)フォトロン

株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水 隆)は、3D CADソフトウェア『図脳CAD3D』の最新バージョン『図脳CAD3D V2』を2020年2月7日に発売いたします。

■製品名:図脳CAD3D V2
■発売日:2020年2月7日
■価格(税別):¥800,000
※別途保守サポート(税別¥150,000-/1年)の加入が必須となります。

【製品化の背景】
近年、「海外の“ものづくり”」においては、設計から製造まで全工程で3D CADデータが活用され、結果として、市場ニーズに対してスピード感ある製品投入を可能としています。
一方、日本国内では、3D CADの導入や活用はなかなか進まず、「設計は3D CADで行い、製造現場では紙で出力した平面図で作業を行う」のが主流のため、工程間で3D CADデータの断絶が多発。全社的に3D CADを導入していても、部門によって利用する3D CADソフトウェアが異なると、正確にデータを受け渡せず、本来は生産性を高めるはずの3D CADが原因で、データ互換のエラーやデータ修正による非効率を生み、結果としてコストや納期を圧迫しています。
当社では、このような「日本の“ものづくり”における3D CADデータの断絶」を解消するため、「“ものづくり”の工程全体で活用できる3D CAD」をコンセプトに『図脳CAD3D』を2017年に発売しました。
今回発売する『図脳CAD3D V2』では、要望の多かった「意匠設計機能の向上」に応えサーフェスモデリング機能を大幅に強化しました。これにより、ものづくりの上流工程である構想段階における3D CADデータの活用が強力に推進されます。
当社では、『図脳CAD3D V2』が “3D CADデータの断絶”を起因とする様々な問題を解決し、お客様の「“ものづくり”の仕組みの進化」に貢献すると確信しています。

製品の情報はこちら:
https://www.photron.co.jp/products/3d-cad/zunocad3dv2/

【図脳CAD3D V2 の新機能】
・意匠設計に最適、サーフェスモデリング機能を強化
1.下絵画像の取り込み機能
2.NURBS機能
3.曲線、曲面の評価機能

【図脳CAD3D V2 製品特長】
・ハイエンドCAD、CATIAV5/V6のネイティブデータを取り扱い可能
・高性能、多彩なデータ互換を標準機能として搭載
・マウス操作で3D CADデータの作成、編集が可能