リード線カットロボット カットマン S/W/R

(株)堀内電機製作所

小型で設置・持ち運びが容易

【カットマン】は、狭い場所でも設置でき、持ち運びも容易な電子部品のリード線をカットする装置。特注ブレードによりどんな部品でもカット可能。切断クズは付属の脱着式ダストボックスに収容されるため、清掃が容易。スタンダード(S)/ワイド(W)/ロータリ(R)の3タイプをラインアップ。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
リード線カットロボット カットマン S/W/R

仕様

型番 カットマンS:3100TS
カットマンW:3100TW
カットマンR:3100TR
寸法 カットマンS:W163×H240×D226mm
カットマンW:W183mm×H240×D226
カットマンR:W135×H145×D130mm
重量 カットマンS:約9kg
カットマンW:約10kg
カットマンR:約3.5kg

その他の情報

《主な特長》
■カットマンS/W
・様々なピン配列の部品にも対応
・フットスイッチによる単動と連動の切り替えが可能
・カット寸法:標準刃3.1mm、特注刃2~10mm
・有効切断幅:(S)55mm、(W)75mm
・カット能力:MAX.φ1.2mm(CP線)
・カット速度:(S)1sec/サイクル、(W)1.2sec/サイクル

■カットマンR
・新開発のロータリ刃の採用により小型で軽量、持ち運びも簡単
・溝に沿って部品をスライドさせるだけで、一列に並んだラジアル部品のリード線を切断、高速で安全、確実な作業が可能
・リード線の太さに合わせてプレート刃の隙間を変えるだけの簡単調整
・カット寸法:標準刃3.0mm、特注刃2~10mm
・カット能力:MAX.φ1.0mm(軟鉄・軟銅線

その他のカタログ

ブルーレーザフラックスレスソルダリングシステム

従来のレーザはんだ付けとは異なる新しい方式を採用したレーザソルダリングシステム。 さまざまな金属に対して吸収率の高い445nm波長のブルーレーザと、新開発のボールディスペンサを組合せたことで、高品質かつダメージのないフ...

会社情報

(株)堀内電機製作所

誠意を持って顧客の要望に答え
創意をもって優れた製品を生みだし
協力しあって豊かな生活を築き上げる

(株)堀内電機製作所
〒3861321
長野県 上田市保野241
電話: 0268385265
http://www.horiuchielectronics.co.jp/