PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

超音波レベル計 HD500-C/HD500-D

本多電子株式会社

±0.25%F.S.の高精度で位置を検出

【HD500-C/HD500-D】は、高周波であるため不感帯が短く、近距離の計測が行える超音波レベル計。表示分解能・内部分解能ともに0.1mmと高分解能であり、RS-232-C・4-20mA電流出力・警報出力接点によりシステムへの応用が容易。また、センサ・本体のコンパクト化により省スペース化が可能。センサ部ボディは全面耐薬品樹脂(PFA)でできたうえ、IP65相当の保護構造を採用。HD500-Cは、せき式流量計機能を搭載しており、三角堰の流量計測が可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
超音波レベル計 HD500-C/HD500-D

仕様

型番 HD500-C / HD500-D
用途 ライン上の物体検知・物体位置決め、小型タンク内の液面レベル管理
寸法 本体:W113×D52.5×H94mm
センサ:φ42×39
重量 本体:300g
センサ:150g
対応規格 本体:IP43相当
センサ:IP65相当

その他の情報

●チャンネル数:1CH
●周波数
・HD500-C:200kHz
・HD500-D:400kHz
●測定対象:液体
●距離測定範囲
・HD500-C:0.12~1.0m
・HD500-D:0.06~0.45m
●分解能:計測0.1mm/表示0.1mm
●精度
・HD500-C:±0.25%F.S.(±0.25cm)
・HD500-D:±0.25%F.S.(±0.1cm)
●データ更新周期:0.05秒
●センサ指向角(音圧半減全角)
・HD500-C:10°
・HD500-D:5°
●電圧:DC10~28V
●消費電力:3W(起動時500mA)
●表示:4桁LED
●警報出力:上下各2点 DC30V 0.1A(NPNオープンコレクタ)
●4-20mA電流出力:分解能16bit(最大負荷抵抗450Ω)
●インターフェース:RS-232C(伝送距離10m以内)
●使用温度範囲:0~50℃

関連製品カタログ

レーダーレベル計カタログ

「レーダーレベル計カタログ」マイクロウェーブ式・マイクロインパルス式レベル計。液体・粉体アプリケーション。

レベルゲージ
【技術仕様書】液体およびペースト状測定物用レベルスイッチ Liquipoint FTW33
【技術仕様書】ガイドレーダーレベル計 レベルフレックス FMP56/FMP57
【技術仕様書】非接触マイクロウェーブ式液体用レベル計 Micropilot FMR60
フロート式液面レベル計 GYTB-SAプローブ
【技術仕様書】ガイドレーダーレベル計 レベルフレックス FMP55
【技術仕様書】超音波式レベル計 プロソニック T FMU30

会社情報

本多電子株式会社

1956年、世界初のトランジスタポータブル魚群探知機を発売してから、常に超音波による新しい価値 を実現してきました。 私たちは独創性を大切にし、超音波の最先端技術を世の中に紹介すると共に、様々な分野との共同開発プロジェクトを進めることで、お互いを 尊重し、常に技術文化の交流に力を注いでいます。 このオープンテクノロジーの理念を機軸に、私たちは、明日の人々のよりよい生活創りを目指しています。

本多電子株式会社
〒4413193
愛知県 豊橋市大岩町小山塚20
電話: 0532412515
http://www.honda-el.co.jp/