PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

40Gチップセット MAX3948+DS4830

マキシム・ジャパン(株)

システム寿命の延長および運用経費の削減などに貢献

【MAX3948+DS4830】は、1チャネル・ソリューションの4倍の帯域幅を低電力、1.5倍の省スペースで提供する4チャネルQSFP+トランスミッタソリューション。DC結合レーザドライバ(MAX3948)と光マイクロコントローラの(DS4830)で構成され、消費電力を低減しデータセンターのスループットを大幅に向上することができる。MAX3948は3×3mm、16ピンTQFNパッケージで、消費電力が2W以下の4つの送信チャネルにより、消費電力が3.5W以下のQSFP+モジュールを実現。DS4830は5×5mm、40ピンTQFNパッケージで、チップ内蔵の13ビットADCと専用ラウンドロビンにより、16ビットマイクロコントローラコアの負荷低減およびクロック速度の抑制が可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
40Gチップセット MAX3948+DS4830

関連製品カタログ

CoolSiC MOSFET 650V

本製品は、最先端のトレンチ半導体プロセスに基づいて製造されており、アプリケーションでの損失が最小限であMOSFETる。CoolSiC MOSFETテクノロジーは、SiC(シリコンカーバイド)の強固なSiC材料物性を活用し...

表面実装TVSダイオード SMFシリーズ
ソースダウン型PQFN 3.3×3.3mmパッケージ OptiMOS パワーMOSFET
パワーIC 車載用CoolSiC MOSFET
SiC MOSFET/IGBT対応ドライバ IX4351NE
車載アプリケーション用MCU AURIX TC3xxファミリ
ファストリカバリーダイオード(FRD) M2325HA400/M2325HA450
小型汎用SP4T RFスイッチ BGSA143GL10

会社情報

マキシム・ジャパン(株)

エレクトロニクス製品のコアには、その環境である人々、実世界、電源、およびその他ディジタルシステムとインタラクティブに動作するマイクロプロセッサがあります。マキシムは、これらの重要な4つすべてのインタラクティブな動作を可能にするアナログ、ミックスドシグナル、高周波、およびディジタル回路の設計、開発、および製造における世界的リーディングカンパニーです。マキシムは、世界でおよそ35,000のお客様に製品およびサービスを提供しています。

マキシム・ジャパン(株)
〒1410032
東京都 品川区大崎1-6-4 大崎ニューシティ4号館20F
http://www.maximintegrated.com/jp