PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

シングルチップRTD-デジタルコンバータ MAX31865

マキシム・ジャパン(株)

RTDの抵抗をデジタル変換するために必要な回路を1チップにすべて内蔵

【MAX31865】は、複数のディスクリート部品の代わりに使用して最大50%のコスト削減を実現可能なシングルチップソリューション。工業分野で最もよく測定される物理量である温度を簡単、正確に測定することができるため、計測やプロセス制御のアプリケーションで使用するのに最適。工業分野における白金RTD (Pt100やPt1000など)の抵抗のデジタル化に伴う一般的な設計上の問題を解決し、±50Vの入力過電圧からの保護を実現するとともに、センサーやケーブルの障害を自動検出する。また、内蔵の過電圧保護(OVP)回路によって外付けの保護回路が不要になるため、コスト削減、基板スペースの節約、設備稼働時間の延長が実現する。20ピンTQFNパッケージ(5×5mm)で提供。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
シングルチップRTD-デジタルコンバータ MAX31865

関連製品カタログ

ミックスド・シグナル・フロントエンドIC AD9963/AD9961

【AD9963/AD9961】は、ワイヤレス通信基地局やポータブル無線機器の消費電力と回路基板スペースを低減するミックスド・シグナル・フロントエンドIC。9963は12ビット、9961は10ビットでピン互換。サンプルレー...

256チャンネル・デジタルX線アナログ・フロントエンド(AFE) ADAS1256
オクタル超音波レシーバ AD9670
モータコントローラ総合カタログ
1チャンネル誘導心拍数モニタ・アナログ・フロントエンド AD8232
電力量計IC ADE7880
集積アナログ・フロントエンド・サブシステム ADAS1000
低消費電力オクタルレシーバIC AD9278/9279

会社情報

マキシム・ジャパン(株)

エレクトロニクス製品のコアには、その環境である人々、実世界、電源、およびその他ディジタルシステムとインタラクティブに動作するマイクロプロセッサがあります。マキシムは、これらの重要な4つすべてのインタラクティブな動作を可能にするアナログ、ミックスドシグナル、高周波、およびディジタル回路の設計、開発、および製造における世界的リーディングカンパニーです。マキシムは、世界でおよそ35,000のお客様に製品およびサービスを提供しています。

マキシム・ジャパン(株)
〒1410032
東京都 品川区大崎1-6-4 大崎ニューシティ4号館20F
http://www.maximintegrated.com/jp