PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

低自己消費電流残量ゲージ MAX17055

マキシム・ジャパン(株)

ModelGauge m5 EZ内蔵、バッテリ特性評価は不要

【MAX17055】は、業界最小クラスとなる低自己消費電流を実現し、7μAという低消費電流で動作するバッテリ残量ゲージ。同社のModelGauge m5 EZアルゴリズムを実装しており、バッテリ特性評価は不要。ほとんどの場合において、1%以内のSOC誤差によって最大限の動作時間を実現。システム設計者は、バッテリが低下した時に機器をシャットダウンするタイミングを決定できる。1.4×1.5mm・0.4mmピッチの鉛フリー9ピンWLPパッケージにて提供され、最小バッテリサイズの制限がないため、ウエアラブルをはじめドローン、USB Type-Cポータブル機器などに最適。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ

仕様

型番 MAX17055
用途 《アプリケーション/用途》
・Bluetoothヘッドセット
・デジタルスチル、ビデオ、およびアクションカメラ
・ハンドヘルドコンピュータおよび端末
・ヘルスおよびフィットネスモニタ
・ホームおよびビルオートメーション、センサー
・医療用機器
・携帯ゲーム機
・スマートフォン
・タブレット、2イン1ラップトップ
・玩具
・ウェアラブル、スマートウォッチ
・ワイヤレススピーカー、など
寸法 1.4×1.5mm・0.4mmピッチ(9ピンWLPパッケージ)
2.0×2.5mm(10ピンTDFNパッケージ)

その他の情報

《主な特長》
●ModelGauge m5 EZ
・特性評価が不要なEZ性能
・バッテリの変化に対する堅牢性
・エンプティ電圧に近づいたときの誤差を除去
・クーロンカウンタのドリフトを除去
・電流、温度、および経年補償
・エンプティ、フル、またはアイドル状態が不要
●低動作電流:7μA
●広い検出抵抗範囲
・1mΩ~1000mΩ
・PCB金属センシング+温度補償
●リチウムイオンおよびLiFePO4を含むさまざまなタイプに対応
●±1℃の内部温度またはサーミスタ
●放電時の電力能力の動的電力予測
●エンプティまでの時間とフルまでの時間の予測
・定電力または定電流
●理論的負荷での残容量を予測
●高精度測定システム
・較正不要
●電圧、SOC、温度、電流、および1% SOC変化のアラートインジケータ

関連製品カタログ

1セル用リチウムイオン電池保護IC S-8240Aシリーズ

【S-8240Aシリーズ】は、世界最小クラスの1.2mm角モールドパッケージを採用し、高さ0.4mm(max)、重さ1.6mgと薄型・超軽量の1セル用リチウムイオン電池保護IC。従来品のSNT-6Aパッケージと比較して約...

電池管理ICソリューション
大電力DP4Tクロススイッチ BGSX24MU16
車載アプリケーション用MCU AURIX TC3xxファミリ
650V 1200V XPT(エクストリームライト パンチスルー) IGBT Trenchシリーズ
マルチトポロジDC/DCコントローラ TLD5097EP/TLD5098EP
FullPAK封止型OptiMOSパワーMOSFET TO-220
【車載向け】リニア電圧レギュレータ TLS715B0NAV50

会社情報

マキシム・ジャパン(株)

エレクトロニクス製品のコアには、その環境である人々、実世界、電源、およびその他ディジタルシステムとインタラクティブに動作するマイクロプロセッサがあります。マキシムは、これらの重要な4つすべてのインタラクティブな動作を可能にするアナログ、ミックスドシグナル、高周波、およびディジタル回路の設計、開発、および製造における世界的リーディングカンパニーです。マキシムは、世界でおよそ35,000のお客様に製品およびサービスを提供しています。

マキシム・ジャパン(株)
〒1410032
東京都 品川区大崎1-6-4 大崎ニューシティ4号館20F
http://www.maximintegrated.com/jp