PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
生産装置・製造プロセスで見えなかった瞬間をスーパースローモーションで可視化

車載向けLEDコントローラ MAX20078

マキシム・ジャパン(株)

車載フロントライト/マトリクスライトに最適

【MAX20078】は、高速応答時間と低EMI間のトレードオフを解消し、高度な照明の設計が可能な車載向けLEDコントローラ。部品の内蔵と設定可能な100kHz~1MHzのスイッチング周波数により簡素で柔軟な設計が行え、製品化までの時間を短縮する。入力電圧範囲:4.5~65V、動作温度範囲:-40~+125℃。車載のフロントライトやマトリクスライトに最適。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
車載向けLEDコントローラ MAX20078

仕様

型番 MAX20078
用途 ・車載フロントライト
・車載マトリクスライト
・定電流レギュレータ
・ヘッドアップディスプレイ

その他の情報

《主な特長》
●広い入力電圧範囲:4.5V~65V
●設計が容易
・補償部品不要
・設定可能なスイッチング周波数
●広い調光比によって高コントラスト比が可能
・アナログ調光
・PWM調光
●マトリクス照明に最適
・ストリング内の個別LEDの短絡/オープン時に電流安定化を維持
・超高速応答の制御ループによってオーバーシュートとアンダーシュートを防止
●フォルト検出および保護
・過電圧保護
・オープンおよび短絡検出
・低電力シャットダウンモード
・サーマルシャットダウン
・インダクタ電流モニタ

関連製品カタログ

白色LEDドライバ Wシリーズ

【Wシリーズ】は、携帯機器の液晶ディスプレイパネルのバックライトに用いられる白色LEDを駆動するドライバIC。ローコストで、互換性の高いピン配置。4個のLEDを個別に駆動できるタイプや6個のLEDをグループに分けて駆動で...

LCDバックライト用LEDドライバシリーズ BD82103GWL/BD1204GWL/BD1206UL
LEDフラッシュ・ドライバ ADP1650
次世代スマートフォン向けLEDフラッシュ・ドライバ ADP1660/ADP1649
RTCモジュール RV-3028-C7
リアルタイムクロック RV-3129-C3
薄型TVSダイオード SMF4L
リアルタイムクロック RV-3149-C3

会社情報

マキシム・ジャパン(株)

エレクトロニクス製品のコアには、その環境である人々、実世界、電源、およびその他ディジタルシステムとインタラクティブに動作するマイクロプロセッサがあります。マキシムは、これらの重要な4つすべてのインタラクティブな動作を可能にするアナログ、ミックスドシグナル、高周波、およびディジタル回路の設計、開発、および製造における世界的リーディングカンパニーです。マキシムは、世界でおよそ35,000のお客様に製品およびサービスを提供しています。

マキシム・ジャパン(株)
〒1410032
東京都 品川区大崎1-6-4 大崎ニューシティ4号館20F
http://www.maximintegrated.com/jp
PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ