PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット

4チャネル車載パワーマネージメントIC MAX20049

マキシム・ジャパン(株)

4出力をQFNパッケージ(3×3mm)に実装

【MAX20049】は、小型化が進む車載カメラモジュール用に開発されたADASアプリケーション用PMIC。3×3mmのQFNパッケージに4つの出力(デュアルバックおよびデュアルLDO)を内蔵。さらに過電圧保護、低電圧ロックアウト、外部パワーグッド(PGOOD)信号、サイクル単位の電流制限などの保護機能も搭載。全負荷時のシステム効率は74%と高く、放熱性能との組み合わせによって全体的な性能の最適化に貢献。車載カメラの出力電圧の障害や変動を通知して障害を緩和し、車載カメラの動作を保証する。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
4チャネル車載パワーマネージメントIC MAX20049

仕様

型番 MAX20049
用途 ・カメラモジュール:サラウンド、リア、フロント
・PoL(Point of Load)

その他の情報

≪主な特長≫
小型ソリューション
・エクスポーズドパッドを備えた16ピン側面濡れ性TQFN(3×3mm)
・低オン時間アーキテクチャによってバックのカスケード接続が不要
・広い入力電圧範囲:4V~17V(Power-over-Coaxケーブルに対応)
・固定出力電圧オプション
EMIソリューション
・オプションのスペクトラム拡散周波数変調
・スイッチングノードのタイトなPCBレイアウトが可能なピン配置
自己保護および堅牢性
・過電圧および低電圧監視、過電圧保護、サーマルシャットダウン、および短絡保護
・500mVの入力ヒステリシスによって低速始動時に長い低コストケーブルの使用が可能
車載対応
・自動車用温度範囲
・AEC-Q100認定

関連製品カタログ

産業用グレードTPM OPTIGA TPM SLM 9670

【OPTIGA TPM SLM 9670】は、拡張動作温度範囲、長寿命、産業用グレード品質が必要とされる、産業用および厳しいアプリケーションの要件に対応したTPM 2.0セキュリティソリューション。厳しい環境条件で要求さ...

携帯電話向けCCDカメラ用システム電源LSI
組込みセキュリティソリューション OPTIGA TRUST M SLS32AIA
OptiMOS IPOL 電圧レギュレータ IR3826M
EiceDRIVER 1200V レベルシフトゲートドライバ
2MビットFRAM MB85RS2MTY
EiceDRIVER 200VレベルシフトゲートドライバIC
小型汎用SP4T RFスイッチ BGSA143GL10

会社情報

マキシム・ジャパン(株)

エレクトロニクス製品のコアには、その環境である人々、実世界、電源、およびその他ディジタルシステムとインタラクティブに動作するマイクロプロセッサがあります。マキシムは、これらの重要な4つすべてのインタラクティブな動作を可能にするアナログ、ミックスドシグナル、高周波、およびディジタル回路の設計、開発、および製造における世界的リーディングカンパニーです。マキシムは、世界でおよそ35,000のお客様に製品およびサービスを提供しています。

マキシム・ジャパン(株)
〒1410032
東京都 品川区大崎1-6-4 大崎ニューシティ4号館20F
http://www.maximintegrated.com/jp