PR
i.MX 8X ベースIoTエッジコンピューティング開発キット
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

ASIL-D準拠 バッテリモニタIC MAX17853

マキシム・ジャパン(株)

車載向け中~大型セル数構成用

【MAX17853】は、温度、セル電圧、通信に関するASIL-D準拠を実現するバッテリモニタIC。1つの基板で複数のチャネル構成(8~14セル)に対応。独自の柔軟なアーキテクチャ「Flexpack」によってユーザーはモジュール構成の変更が素早く行え、検証と認定の時間を削減し、設計時間を最大50%短縮できる。14セルの電圧および6つの温度、またはシステム電圧測定値の組み合わせを完全冗長測定エンジンによって263μsで測定するか、全入力をADC測定エンジンのみによって156μsで実施可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ

仕様

型番 MAX17853
用途 バッテリバックアップシステム(UPS)
バッテリ式電動工具
電動自転車
電気自動車(EV)
高電圧バッテリスタック
ハイブリッド電気自動車(HEV)
スーパーキャパシタシステム
寸法 64ピンLQFPパッケージ(10×10mm)

関連製品カタログ

1セル用リチウムイオン電池保護IC S-8240Aシリーズ

【S-8240Aシリーズ】は、世界最小クラスの1.2mm角モールドパッケージを採用し、高さ0.4mm(max)、重さ1.6mgと薄型・超軽量の1セル用リチウムイオン電池保護IC。従来品のSNT-6Aパッケージと比較して約...

電池管理ICソリューション
パラレル NOR フラッシュメモリ IS29GL256/128
車載アプリケーション用MCU AURIX TC3xxファミリ
表面実装TVSダイオード SMFシリーズ
ダイオードアレイ AQ3102シリーズ
SMAコネクタ付きOCXO評価用ボード
TRENCHSTOP IGBT7搭載 EconoDUAL 3モジュール FF900R12ME7_B11

会社情報

マキシム・ジャパン(株)

エレクトロニクス製品のコアには、その環境である人々、実世界、電源、およびその他ディジタルシステムとインタラクティブに動作するマイクロプロセッサがあります。マキシムは、これらの重要な4つすべてのインタラクティブな動作を可能にするアナログ、ミックスドシグナル、高周波、およびディジタル回路の設計、開発、および製造における世界的リーディングカンパニーです。マキシムは、世界でおよそ35,000のお客様に製品およびサービスを提供しています。

マキシム・ジャパン(株)
〒1410032
東京都 品川区大崎1-6-4 大崎ニューシティ4号館20F
http://www.maximintegrated.com/jp