PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?

小型・薄型のため既存の設備への取付が容易

【UNBF】は、ステンレス製圧縮型ロードセル。小型・薄型で既存の設備への取付が容易。-20~+70℃の許容温度範囲で使用でき、先端が柳線タイプの4芯シールドケーブルを装備。その他の主な仕様は、定格容量:300N~500kN、定格出力:2±0.5% mV/V、最大許容過負荷200%R.C.、ゼロバランス:±10%R.O.など。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
圧縮型ロードセル UNBF

その他の情報

■容量:300N~500kN
■特殊合金鋼製(UNBF)、ステンレス製(UNBS)
■小型・薄型のため既存の設備への取付が容易
■補償温度範囲:-10~+60℃
■許容温度範囲:-20~+70℃
■ケーブル
→UNBF:φ6 4芯シールドケーブル、3m、先端柳線
    φ8 4芯シールドケーブル、3m、先端柳線

関連製品カタログ

TE Connectivity社製 ロードセル FMTシリーズ

TE Connectivity社のロードセル(フォースセンサ)は、傑出した耐久性と長期安定性が特徴で、さらに低コストのパッケージ内に組み入れているため、中規模から大量生産向けに適している。 また、カスタムパッケージやア...

TC-XR(T)-G6
LSB210防水ロードセル
TE Connectivity社製ロードセル専用表示器 M210シリーズ
TE Connectivity社製 ロードセル FN7325シリーズ
ハネウェル社製 フォースセンサ FSSシリーズ
TC-LPR(T)-G6
超小型ロードセル LSB200

会社情報

ユニパルス株式会社

ユニパルス株式会社(Unipulse Corporation)はセンサメーカーです。
圧力・把持力・回転力・多分力・振動などを測るセンサを駆使し、電子・物理・コンピュータ・通信・光学・機械分野及び生産・研究・試験・物流などの諸分野に高精度で安定性の高い製品を供給しています。
特にロードセルを重量測定に用いた各種自動はかりを構成するための計重指示計の分野では、ユニパルス製品は業界での定番です。

また、ロードセルを荷重測定に用いたFA分野の自動機の圧入・加締め・プレス時の動的荷重変化を監視し製品の合否判定をさせる荷重指示計は様々な現場で良品だけを製造するために役立っています。
回転トルクメータは新開発のヒット製品でエンジン・モータ・回転部品の試験などに使われています。

子会社の株式会社ロボテックでの新規事業である出力軸トルク測定機能付きギヤードサーボモータ「ユニサーボ」は、日本で初めてトルク制御を実現したロボット用アクチュエータです。出力軸が受けるトルクを検知し任意に増減したり回転角度の指定が可能です。摩擦・イナーシャも発生させることができるので、負荷・試験装置や人を模したシミュレータなどへ応用できます。

ユニパルス株式会社
〒1030005
東京都 中央区日本橋久松町9-11
電話: 0336396120
http://www.unipulse.co.jp/