半導体検査顕微鏡 ライカ DM8000 M

ライカマイクロシステムズ(株)

最新の光学技術で、生産性改善に貢献

【ライカ DM8000 M】は、新しいアイデアにより装備されたUV斜め観察法およびマクロ観察法により、より高い解像力の実現と、試料の観察および検査のスピードアップを可能にした半導体検査顕微鏡。マクロモードを組み込んだことにより標準的な対物レンズの最大4倍の視野を実現。またi-line UV照明に斜め照射機能を組み合わせた斜め観察法は、試料に対して一定のをあらゆる角度から照明を行うことで3D超解像度画像を実現し、迅速・容易で効率的な観察を可能にしている。さらに本体に内蔵されたLED照明は、顕微鏡回りに理想的なエアーフローを可能にするだけでなく、省スペース・省電力などエコにも大いに貢献する。そのほか作業者の体格に合わせた角度調節可能なエルゴ鏡筒および位置調整可能なフォーカスノブを備えており、あらゆるユーザーにカスタマイズできる。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
半導体検査顕微鏡 ライカ DM8000 M

その他のカタログ

SEM試料作製用トリプルイオンミリング ライカ EM TIC 3X

【ライカ EM TIC 3X】は、走査型電子顕微鏡(SEM)、微細構造分析(EDS、WDS、オージェ、EBSD)やAFM測定のための断面作製装置。3本のイオンビーム(個別に制御可能)に加え、冷却ステージ、マルチサンプルス...

高真空コーティング装置 ライカ EM ACE600
金属解析用倒立顕微鏡 ライカ DMi8 M/C/A
画像張り合わせシステム Power Mosaic
デジタルマイクロスコープ ライカDVM6
工業顕微鏡 ライカ DM4 M/DM6 M
工業総合カタログ
実体顕微鏡 ライカ M165 C

会社情報

ライカマイクロシステムズ(株)

ライカ マイクロシステムズは、顕微鏡および科学機器分野における世界的なリーディング メーカーの一つです。
ライカの工業用機器は、デジタルマイクロスコープ、金属顕微鏡、偏光顕微鏡、実体顕微鏡、イメージングシステム顕微鏡用デジタルカメラと、幅広いラインナップと高性能な光学技術で、生産・検査の現場で活躍しています。

顕微鏡観察前処理装置として、光顕用ミクロトーム、SEM用ウルトラミクロトーム、イオンミリング、コーターも高いシェアを誇ります。

ライカマイクロシステムズ(株)
〒1690075
東京都 新宿区高田馬場1-29-9
電話: 0367585680
http://www.leica-microsystems.co.jp