【カタログプレビュー】実体顕微鏡 ライカ M165 C

< ログインしてこのカタログをダウンロードする(無料) >

Preview

【ライカ M165 C】は、従来の優れた立体感はそのままに、高い解像力を加えた実体顕微鏡。対物レンズに加えて鏡筒やズームボディなどを含めたトータルな光学システムにおいて、アポクロマートシステムを採用しており、低倍率から高倍率まで色収差のない像が得られる。独自のイメージングソフトウェア「LeicaApplication Software:LAS」と組合せた自動キャリブレーション機能により、対象物の測定がいつでも行える。さらに、落射光源としてリングライトとマルチコントラスト照明、2種類のLED光源を新たにラインアップ。LASにより光量や照明方法などを容易にコントロールし再現性ある観察が可能。「M205 C」と共通の堅牢性の高いフォーカスカラムにより、高倍率域でも安定した画像観察が可能であり、観察倍率・絞り・対物レボルバなどのコーディング機能により、簡易的な観察が素早く高精度に行える。
・ズーム比(倍率): 16.5×(7.3×〜120×)
・分解能: 453LP/mm
・開口数(NA):0.151

発行元:ライカマイクロシステムズ(株)

< ログインしてこのカタログをダウンロードする(無料) >