粒子線検出器 repic-wirechamber

ハヤシレピック(株)

粒子の数、軌跡、エネルギーなどを測定

【repic-wirechamber】は、粒子の数、軌跡、エネルギーなどを測定する粒子線検出器。素粒子や原子核などに関する数多くの物理実験で使用されている。粒子などの種類に応じて、さまざまな検出器が必要となるが、同社では設計から製造、検査にいたる一貫体制を整えており、多様化するユーザーのニーズに応えるべく各種粒子線計測器を製作。特にワイヤーを用いた多線比例計数箱、ドリフトチェンバー、イオンチェンバーに関しては、共同開発のパートナーとして、大学や研究機関から高い評価を得ている。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
粒子線検出器 repic-wirechamber

会社情報

ハヤシレピック(株)

ハヤシレピック株式会社(旧林時計工業株式会社)は、
昭和5年の創業以来時計製造で培った精密加工・組立技術を礎に発展してまいりました。
そして今やその技術や経験は、さまざまな分野から注目されています。

多様化するお客様の要求に応えるために、この変化の早い、グローバルな時代だからこそ、
製造・加工はもとより世界の優れた製品を見出し、メーカーとしての総合力を発揮してまいります。
躍進するハヤシレピックにどうぞご期待ください。

ハヤシレピック(株)
〒1700004
東京都 豊島区北大塚1-28-3
電話: 0339185326
https://www.h-repic.co.jp/