自己調整式揺動ダンパー FYN-X2シリーズ

不二ラテックス株式会社

最大使用角度:106°、最大使用トルク:15N・m、25N・m

【自己調整式揺動ダンパー FYN-X2シリーズ】は、最大使用角度が106°の一方向性揺動ダンパー。物体の動きに対し、油圧抵抗を利用しブレーキを掛けることができ、速度制御に活用できる製品。最大使用トルク:15N・m、25N・mと大きなトルクが特長で、従来品よりも高負荷に対応可能。また、自己調整機能を持ち、負荷の大きさが変わってもほぼ同じ動きを実現。積載物の荷重が変わるパレットなどに好適。一方向性のため、例えば「蓋を開けるときには軽く、閉じるときには負荷を掛ける」といった使い方が可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
自己調整式揺動ダンパー FYN-X2シリーズ

その他のカタログ

小型ソフトアブソーバー FPR-1040-U

【FPR-1040-U】は、クレビス付き固定式の小型樹脂ダンパー。ストローク長:40mm、外径:φ10mm、測定速度:0.04m/sec。発生抗力が30N(黒キャップ)、45N(白キャップ)、60N(グレーキャップ)の3...

小型アブソーバー FSシリーズ
耐クーラント仕様ソフトアブソーバー FA/FWM-Fシリーズ
固定式ロータリーダンパー FRT-N1シリーズ
小型アブソーバー FSBシリーズ(M12、M14、M16)
固定式ロータリーダンパー FRT/FRN-C2シリーズ
小型ソフトアブソーバー FA/FWM-2016シリーズ
小型ソフトアブソーバー FA/FWM-3035シリーズ

会社情報

不二ラテックス株式会社

緩衝器は物体の衝撃やエネルギーを吸収するもので、用途は産業機械から自動車、住宅設備機器、家電製品等の民生品まで、動きのあるところなら何でも、無限に近い応用範囲を秘めているといえます。
製品の種類としては、主に産業機械で使われるショックアブソーバ、「音と動きのデザインを目指した」ロータリーダンパー、家電製品やOA機器で使われる揺動ダンパーなどがあります。
特に「安全性、機能性、感性」を追求した民生品では、その技術力に対して各方面から高い評価を得ております。
これからも進化する市場環境に合わせてあらゆるニーズに対応した製品を提供するために、優れた技術力と高度な品質管理のもと、“動きを創造”し続けてまいります。

不二ラテックス株式会社
〒1010054
東京都 千代田区神田錦町3-19-1
電話: 03-3259-2545
http://www.fujilatex.co.jp/