PR
■マルチインターフェースIoTゲートウェイでローカルデータを遠隔地/クラウドへ!
■5分で始めるセンサ評価 ウェアラブル/IoT機器開発向けセンサ評価キット

I2C/SPI用アナライザ Beagle I2C/SPI

立野電脳(株)

SMBデコード機能搭載、最大20GBキャプチャ可能

【Beagle I2C/SPI】は、リアルタイムでPCに取込みながらの順次表示や、その間にフィルタや解析が可能なライブ機能を搭載したI2C/SPI用アナライザ。統計情報機能、ゼロクリックのパフォーマンス解析機能、時間計測、CSV形式への出力機能などに加え、無償APIを提供、また、重さわずか65gの胸ポケットサイズのコンパクトさは、トラブル現場のフィールドでの利用に好適。さらに、取込みが終わるまで操作不可能な旧世代のツールとは異なる高機能を実現し、特に長時間のキャプチャで威力を発揮する。データは内部バッファをFIFOとしてPCに順次転送し、最大でPCメモリの80%をキャプチャメモリとして使用でき、例えばWindows 7 64bitで32GB搭載したノートPCであれば最大時20GB以上の設定が可能。また、MDIOアナライザとしても使える。なお立野電脳(株)はTotal Phase 国内正規代理店であり、可能な限り国内で修理を行っている。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
I2C/SPI用アナライザ Beagle I2C/SPI

仕様

型番 Beagle I2C/SPI
納期 国内標準在庫品
用途 コンピュータ、半導体、電子機器、通信機器、自動車、オーディオ、家電、趣味、医療、IoTなど ほぼすべての電子機器で利用されるシリアルバス関係の開発、デバッグ、検査、評価用
寸法 56×23×89mm
重量 本体:約65g
対応規格 I2C、SPI、MDIO
利用されている業界 コンピュータ、半導体、電子機器、通信機器、自動車、オーディオ、家電、趣味、医療、IoT 業界
生産状況 量産中

関連製品カタログ

USB無線LANプロトコルアナライザ AirPcap

【AirPcap】は、802.11 a/b/g/n 無線LANコントロールプロトコルやデータを解析するために使用できるUSB無線LANアダプタ。業界で標準的に使用されているLANアナライザWireshark(旧Ether...

マルチ・プロトコル&ロジック・アナライザ
移動メンテナンスツールBOX MTB-4
スイッチメインフレーム SW1001/SW1002
ZM-S 取扱説明書
インピーダンス測定器 ZM-G
ロードセル用アンプ A-632L
32bit AD変換基板 AD7177FS

動画

会社情報

立野電脳(株)

立野電脳(株)は1989年に設立され、DSP,BUSそしてFPGA関連の
開発,製造,コンサルティングおよび冶具,ツール販売に特化
したビジネスを継続して行っています。
最近の主な取扱い商品は、
FPGA関連:Altera社 Arria 10,Stratix,Cyclone搭載ボード
Xilinx社 KintexやSpartan搭載USB3.0接続ボード
Cameralink,CoaXPressシミュレータ,組込ボード
バス関連:USB Power Delivery,USB2.0,USB3.0,I2C,SPI,
eSPI,CAN,MDIO,UHSII,PCI Express,M2,PC/104の
プロトコルアナライザ,コントローラ、
エクステンダや特殊な延長ケーブル
DSP関連: TI DSP搭載のPro Audio, HDMI関連モジュール

立野電脳(株)
〒1980063
東京都 青梅市梅郷5-955 ASOビル
電話: 0428777000
http://www.dsp-tdi.com/
PR
⇒⇒⇒セキュアなIoTデバイスをお探しですか?