最大7,000°の回転動作を実現するツイスターバンドHD

2020/01/28

イグス(株)

狭小スペース向けに新しく2種類のサイズを開発

イグス株式会社(東京都墨田区)は、回転動作においてケーブルやホースを安全かつ確実にガイドするツイスターバンドHDシリーズを提供しています。この度、特に小さな設置スペースでの用途に向け、2種類の小さいサイズを開発しました。

ツイスターバンドHDシリーズは、高速回転動作で高い負荷がかかるケーブルやホースを確実にガイドするため、木工機械や自動車産業向け位置決め装置等で採用されています。ツイスターバンドHDを装備することで、1秒当たり最大180°の回転速度で水平使用で最大7,000°、垂直 使用で最大3,000°の回転運動が可能です。そのため、回転角度が制限されている用途でスリップリングの代わりに使用することができ、バスケーブルや液体などの異なる媒体も一つのシステムで簡単に効率良くスムーズにガイドします。

この度新しく2種類のサイズをコンパクトで信頼性の高いソリューションとして開発しました 。新サイズの内高 さは11mmと18mmで、工作機械やロボット内などのごく小さな組込みスペースに最適です。

特別な技術設計による優れた強度
ツイスターバンドHDはスリムかつ軽量で、回転軸に近接して回転動作を行います。チェーンリンクがピン・フック方式で繋がって構成されているため、曲げ半径が固定されると同時により高い安定性が確保されます。また、グラスファイバー強化材料を使用しているため、メンテナンスフリーで長寿命化を実現しています。

広さ3,800m²のイグス試験施設では、可動 ケーブルチェーンフレックスとの組み合わせで、ツイスターバンドHDの長寿命が実証されています。モジュール式構造のため、必要に応じて長さを調節できます。ケーブル収納が容易なことや、交換や拡張が随時可能なことも、スリップリングに勝る利点です。ツイスターバンドHDシリーズは現在、外径140~500mmの合計4サイズを提供しています。

ツイスターバンドHDの詳細はこちら↓
http://www.igus.co.jp/twisterbandhd