ネットワークマネージメントシステムサービス WarpLink SPS

センチュリー・システムズ(株)

機器/ネットワークの一元管理に寄与

【WarpLink SPS】は、通信機器(サービスアダプタ)をネットワークに自動接続し、遠隔から集中管理するマネージメントシステム基盤。設定管理などのすべての機能を専用のWeb画面を通して一元的に行えるためSaaSアプリケーションのように手軽に機器の管理を行うことが可能。VPNルータの集中監視に加えて、無人環境に多数展開しているIoTゲートウェイを一元管理が可能となり、VPNルータ/IoTゲートウェイに掛かるトータルコストを大幅に削減できる。VPNルータ(FutureNet NXR-G200シリーズ)を対象としたWarpLink SPS とIoT/M2Mゲートウェイ(FutureNet NXR-G100シリーズ、FutureNet MA-E300シリーズ)を対象としたWarpLink SPS for M2Mの基本サービスがある。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ

その他の情報

◆ゼロコンフィグ
起動時にサーバから設定を取得してルータが動作する機能です。
・機器設定が不要なので、誰でも設置可能
・お客様での監視、管理不要なので、運用コスト削減を実現
管理者側のサーバで集中管理して、通信不可を検知した際はメールでお客様に配信するので、監視サーバの導入も不要です。

◆コンフィグテンプレート機能
コンフィグテンプレート機能は、LAN側IPアドレスやPPP接続アカウントなどの、拠点(サービスアダプタ)ごとに異なるパラメータを任意の変数として定義したコンフィグのテンプレートが作成できる機能です。

◆モニタリング(監視/統計情報)
パケットでルータを監視し、管理者へのメール通知やトラフィックデータ、CPU使用率、メモリ使用率のグラフを作成する機能を提供します。

◆WarpLink SPS サーバからのオペレーション
ping(疎通確認)、traceroute(経路確認)、reboot(再起動)、ステータス取得/クリア、任意コマンド実行が可能です。

◆WarpLink SPSの導入効果

(1)設計・設定
コンフィグテンプレート機能を用いて、設定を一括登録できます。
(2)現地接続・確認
技術者を現場に派遣することなく、設置し電源を投入するだけでWarpLink SPSからコンフィグがダウンロードされ、利用可能になります。
(3)監視・運用
WarpLink SPS のコントロールパネルから、機器の監視、設定変更ができます。
(4)保守
不具合が発生した機器を交換するだけで、運用を継続できます。

※ VPNルータ/IoTゲートウェイの購入から、WarpLink SPSによる「(1)設計・設定」、「(2)現地接続・確認」、「(3)監視・運用」、「(4)保守」のすべてを弊社にお任せいただき、安全にコストと手間の削減が可能です。

その他のカタログ

J-ALERT一体型受信機 JARS-2000

JARS-2000は、現行機器JARS-1000のコンパクトで高機能な特徴を継承しつつ、拡張を続けるJアラートのソフトウェアに対応できるようCPU・メモリ・保存領域を大幅に拡張し、2016年度消防庁が公表の要件を満たし、...

アプライアンスサーバ FutureNet CMS-1200
プロトコル変換器 FutureNet FA-120
中規模センター向け高性能 VPNルータ FutureNet NXR-350/C

会社情報

センチュリー・システムズ(株)

インターネットのブロードバンド化やワイヤレス化が加速する中、
いろいろな物がネットワークにつなげられるようになりました。
人や物の多種多様な結びつきが拡大している中、
その一方でつなげたくても思うようにつなげられないものもたくさんあります。
私たちは通信機器開発メーカーとして、今まで培ってきたノウハウを生かし、
お客様が思い描く「もの」との結びつき、
ネットワークを実現していきたいと考えています。
これからも新たな「つなぐ」を創造し、
お客様のニーズや時流の変化にしっかり応えられる製品群
FutureNetシリーズを提供していきます。

センチュリー・システムズ(株)
〒1800022
東京都 武蔵野市境1-15-14 宍戸ビル
電話: 0422378112
http://www.centurysys.co.jp/