II-VI社製の赤外用ジンクセレン光学素子を使用

本製品は、ハイパワーCO2レーザービームをコリメートして、エネルギー分布を改善するためにデザインされたビームエキスパンダー。II-VI社製プレミアグレードのジンクセレン(ZnSe)光学素子を採用しており、10.6μmで最小のビーム偏差と99.4%以上の透過率を実現。高効率な反射防止膜をZnSe基板上に施し、10.6μmで一面当たり0.2%未満の反射率と0.1%未満の吸収率結果が得られる。また、入射側にM25マウントを採用したコンパクトな筐体により、CO2レーザーシステム内への実装が容易。拡大力オプション(2X、4X、5X)も用意している。ハウジング径:30.48mm。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
CO2レーザー用ビームエキスパンダー

その他の情報

・CO2レーザーの10.6μm用にデザイン
・システムインテグレーションを容易にするコンパクトな筐体
・II-VI社製の赤外用ジンクセレン光学素子を使用

その他のカタログ

2018 オプティクス新製品カタログ

【2018 オプティクス新製品カタログ】は、ミラー、レンズ、フィルター、偏光素子・波長板など、2018年に発売された660点を超える新製品を16ページに網羅。イメージングやレーザー用途向けの製品や、極端紫外用製品など、注...

イメージングオプティクスカタログ
2019年度版『オプティクス&フォトニクスカタログ』
オプティクス・アプリケーションノート集

会社情報

エドモンド・オプティクス・ジャパン(株)

エドモンドオプティクス(EO)は、光学部品、画像、フォトニクス技術のリーディングカンパニーです。R&D、エレクトロニクス、半導体、製薬、バイオメディカルなど、世界中のマーケットをサポートしています。EOの製品は、DNA分析から網膜による個人認証、また高速FA用途に至るまで、幅広いアプリケーションに用いられます。EO最新の製造ケイパビリティとグローバル物流ネットワークの融合により、光学部品を在庫販売するNo.1サプライヤーとして、エドモンド・オプティクスは市場で認知されています。日本のお客様は、現地法人のエドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社がサービス致します。

エドモンド・オプティクス・ジャパン(株)
〒1130021
東京都 文京区本駒込2-29-24 パシフィックスクエア千石4F
電話: 03-3944-6210
https://www.edmundoptics.jp/