優れた調整機能を備えたマルチエレメントチューブシステム

2019/05/15

エドモンド・オプティクス・ジャパン(株)

2019年5月(東京都文京区)–Edmund Optics®(EO)の日本法人、エドモンド・オプティクス・ジャパン株式会社は、TECHSPEC® マルチエレメントチューブシステムの販売を開始した。このTECHSPEC® マルチエレメントチューブシステムは非常に多機能で、組合せ可能な部品を用いることでこれまでにない順応性を実現する。試作や独自の光学デザインの創作などに最適なシステム。

TECHSPEC® マルチエレメント(ME)チューブシステムは、MEチューブシステム用アウターチューブをMEチューブシステム用インナー・オプティックマウントやMEチューブシステム用インナー・ペアオプティックマウントと組み合わせることで完成したシステムを構築する。アウターチューブは、内筒側の全長にわたってM29のねじ切り加工が施されている。また、インナー・オプティックマウントとインナー・ペアオプティックマウントには円筒外周部に同じねじ切り加工が施されているため、アウターチューブの内筒側に取り付けて簡単に前後移動させることができる。このデザインによって、光学部品の間隔を光軸に沿って好きなように調整することができる。また、調整が容易にできる独自デザインのMEチューブ用スパナーレンチも発売した。このスパナーレンチは中空構造で、調整中にもビームを通過させることができる。

TECHSPEC® マルチエレメントチューブシステムは、光学部品の正確な間隔調整のためのMEチューブシステム用スペーサーリング&スペーサーチューブ、光学系内のビーム径を制御するためのMEチューブシステム用インナーアパーチャープレートのほか、システム同士を接続したりシステムの機能を拡張したりするためのMEチューブシステム用アクセサリーを用いることで、さらにカスタマイズすることができる。

TECHSPEC® マルチエレメントチューブシステムは、5mm~25.4mm径、コバ厚が最大17mmの円形オプティクスに対応する。システム長は15mm~100mmだが、繋ぎ合わせて対応力を拡張させることも可能。マルチエレメントチューブシステム用の各製品は、全品在庫販売体制で、お客様に短納期で供給する。