IoT向けセンシング・プラットフォーム タワーライトセンサ XJNE3-BP4009

アドバンテック(株)

工場内の設備の稼働状態を容易にし、かつすぐに見える化できる

【タワーライトセンサ XJNE3-BP4009】は、既設の積層信号灯に取り付けるだけで積層信号灯の点灯・消灯・点滅状態を検知し、無線通信で上位システムに送信することができるIoTセンシング・プラットフォーム。既に稼働している積層信号灯に本製品を取り付けることで、工場の管理者は工場内の設備の稼働状態を容易に、かつすぐに見える化することが可能となり、設備の稼働率向上に貢献する。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ

仕様

型番 XJNE3-BP4009
納期 ・販売開始:2018年2月22日
・出荷開始予定:2018年4月中旬

その他の情報

《特長》
1.電気配線いらずの簡単取り付け:あらゆるメーカーの積層信号灯に対応
信号灯の状態検知には光学センサを使用し積層信号灯との電気的な接続を行う必要がないため、あらゆるメーカー製の積層信号灯に対応できる。また、取り付けに際し稼働中の装置の電源を止める必要はない。

2.バッテリー不要(※2)の超低消費電力無線通信採用:主電源はソーラーセル、電源工事も不要
無線通信には、ローム株式会社の技術支援および部品供給により、エネルギーハーベスティングを利用した発電で通信を行うことができる超低消費電力無線通信技術 EnOceanを採用。本体に搭載したソーラーセルの発電で通信を行うため、電源工事や定期的なバッテリー交換を行うことなく利用できる、環境にやさしいセンシングソリューション。

3.容易にシステム構築が可能:IoTソリューションとの組合せで高いシステム拡張性を提供
タワーライトセンサーから送信された点灯状態データは、USBまたはシリアル接続仕様の受信機によってアドバンテックの産業用コンピュータをはじめ様々なホストコンピュータに取り込める。ホストコンピュータは、取り込んだデータをEnOceanシリアルプロトコル(ESP)に則ってデータを解釈することで容易に設備稼働状況を把握し、稼働状態の最適化や稼働率の向上することができる。また、EnOceanアプリケーション開発にはSDKも用意されている。

そのほか、アドバンテックのIoTソフトウェアソリューション「WISE-PaaS/RMM®」や「WISE-PaaS/EdgeSense」との連携により、収集データをフロア単位や工場単位で集中管理したり、データアナリティクスによる生産性改善に活用できる。

製品カタログ

IoT向け センシング・プラットフォーム ― タワーライトセンサー XJNE3-BP4009

USC-250シリーズ 15インチ サービス業向けタッチパネルPC
IDK-065R-64VGA1
第7世代Intel Core搭載 MIO-5391
SOM-7569
DS-062
SOM-DB5900
AIMB-205

会社情報

アドバンテック(株)

台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング・プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界23カ国95都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいます。
また、近年コーポレートビジョンである「インテリジェント・プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション・ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、インテル社ならびにマイクロソフト社をはじめさまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント・プラネットの実現 - が、我々Advantechの使命です。

アドバンテック(株)
〒1110032
東京都 台東区浅草6-16-3
http://www.advantech.co.jp/