水冷高出力サーマルセンサ ~6kW(RoHS)

コヒレント・ジャパン(株)

50mmの大口径有効エリア

本製品は、50mmの大口径サーモパイルに高い耐損傷性コーティングを施し、産業用高出力ファイバ、CO2、最大6kWのその他レーザの測定を可能にした水冷式パワーセンサ。最高クラスの出力密度しきい値を有するるBB+コーティングモデル。USB、RS-232、DB25構成が利用可能。

この製品が気になった方はこちら
お問い合わせ
水冷高出力サーマルセンサ ~6kW(RoHS)

その他の情報

■最大6kWの出力に対応(モデルにより異なる)
■Spectrally flat broadband coating from 190 nm to 11 microns

その他のカタログ

ExactWeld 230 Pレーザ溶着システム

ExactWeld 230 Pレーザ溶着システムは、小〜中サイズのポリマー部品を高速で粒子を出さずに溶着できます。ダイオードレーザ、サーボ制御クランプ、制御ソフトウェアと組み合わせ、歪みのない溶着品質および高速サイクル時...

レーザー製品 総合カタログ
極小チューブ切断システム StarCut Tubeシリーズ
熱加工用高出力レーザ
自動車・バッテリー製造向け レーザ加工ソリューション
高機能レーザマーキングシステム PowerLineシリーズ
レーザ熱加工ガイド
レーザ計測機器 製品ラインアップ

会社情報

コヒレント・ジャパン(株)

コヒレントは、1966年5月に設立されました。60年代半ばに設立された多くの会社同様、初めは小さな規模でのスタートでした。限られた財源の中、カリフォルニア州パロアルトで、創立メンバーの1人が住んでいた家に本社を構え、220ボルトの電源コンセントもなかったため、洗濯室でレーザ機器を製作するという制限された中でのスタートでした。洗濯機と乾燥機にはさまれ、また雨どいの一部を重要な部品として利用しながら、1966年夏、コヒレントの創設者たちは初のレーザ機器の製作を始めました。その4ヶ月後、コヒレント社製の商業用CO2レーザが、初めてこの世に送り出されました。

現在では、レーザ業界で最も多様なレーザ技術を有するリーディングカンパニーとして、カリフォルニア州のシリコンバレーに本社、世界中にオフィスを構えています。コヒレント社は、さまざまな市場および産業に貢献するユニークで革新的な製品ポートフォリオを提供しています。

コヒレント・ジャパン(株)
〒1510053
東京都 渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー26階
http://www.coherent.co.jp/company/overview.php