PR
■マルチインターフェースIoTゲートウェイでローカルデータを遠隔地/クラウドへ!
■ローパワー&タフ ラピスセミコンダクタの16ビットマイコン スタータキット

新しいアジャイル・ベクトル信号発生器N5194Aにより、電子戦機器評価における脅威シミュレーションの現実性が向上

2017/11/15

キーサイト・テクノロジー合同会社(旧アジレント・テクノロジー電子計測事業)

~市販のソリューションで業界最高水準の忠実性を実現~

■従来比2000倍以上高速となる170nsの周波数、振幅および位相スイッチング速度と位相コヒーレンス性能
■複雑なパルス信号や波形生成に加えて、IQデータに基づく複雑なパルス波形生成
■複数の脅威信号の到来角を正確にシミュレートする120dBの振幅範囲
■米国政府による次世代電子戦環境構築(NEWEG)システムアーキテクチャとの互換性


キーサイト・テクノロジー合同会社(職務執行者社長:チエ ジュン、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、電子戦機器のより現実的な脅威シミュレーションを可能にするN5194A UXG Xシリーズ アジャイル・べクトル信号発生器を発表します。この新製品をN5193A UXG Xシリーズ アジャイル信号発生器と組み合わせることで機能拡張を実現し、複雑なパルス信号や波形生成に加えて、IQデータに基づいて複雑なパルス波形を生成でき、業界最高の現実性を持つ脅威シミュレーションを可能にします。

N5194A UXG Xシリーズ アジャイル・ベクトル信号発生器は、50MHzから20GHzまでの周波数範囲と、2Gサンプル/秒で最大1.6GHzの帯域幅を持つ広帯域信号を生成できるデジタルベースバンド生成システムを備えています。これにより、任意の立ち上がり時間と立ち下がり時間、非線形チャープ、および優れた信号純度(Xバンドで-70dBc)の高度な変調符号化方式を含む複雑なパルス信号を生成することができます。N5194Aはソリッドステート減衰器を内蔵し、振幅ダイナミックレンジ120dBを提供し、脅威のアンテナ走査パターンや到来角(AoA)シナリオを模擬できます。また、商用通信信号も追加でき、さらに現実的な模擬を可能にします。

この新しいN5194Aアジャイル・ベクトル信号発生器は、N5193A UXG Xシリーズ アジャイル信号発生器から供給されるローカル発振器(LO)とリファレンス信号を受け動作します。この構造には、さまざまな重要な利点があります。

●従来比2000倍以上高速となる170nsの周波数、振幅および位相スイッチング速度と位相コヒーレンス性能により、複数の脅威信号模擬を実現するための信号発生器の台数を大幅に減らすことが可能です。
●マルチチャネルおよびマルチポートシステムをローカル発信器と同期信号源となるN5193Aに、複数台のN5194Aを接続し、各出力の振幅、位相、および時間遅延を正確に制御できます。これにより、複数の脅威信号の到来角を正確に模擬し、電子戦用マルチポート方向探知レシーバの高速評価が可能です。
●評価の複雑さの変化に合わせてN5194Aを追加し、シミュレーションシステムを容易に拡張可能です。
●米国政府による次世代電子戦環境構築(NEWEG:next-generation EW environment generation)システムアーキテクチャとの互換性があります。

当社の航空宇宙・防衛産業ソリューショングループのバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるGreg Petersは次のように述べています。「キーサイトは計測器用テクノロジーを応用し、お客様が将来にわたり成功を収めるために必要な電子戦評価ソリューションをいち早く開発し提供しています。私たちはお客様が次のレベルに研究開発を進められるよう、高い現実性と信頼性を強化できるよう協力しています。」

N5194Aアジャイル・ベクトル信号発生器と共に発売されるN7660C Signal Studioソフトウェアを使用して、脅威信号を模擬するマルチエミッターシナリオを生成することができます。Signal Studioのグラフィカル・ユーザ・インターフェースにより、エンジニアは脅威となるレーダー・パラメータを簡単に設定し、方向探知のシミュレーションと最適化を実行できます。

N5194Aはラックスペースの占有を抑える薄型の高さ2ラックユニット(2U)で、マルチチャネル、マルチポート、到来角試験用脅威シミュレーションシステムに理想的なシステムコンポーネントです。 到来角シミュレーションでは、複数のN5194A RF出力ポート先端において正確に校正された振幅、時間、位相が必要です。UXGでは電子戦システムの測定面(SUT)から、UXGまでのマルチポートキャリブレーションを実施可能です。 当社航空宇宙および防衛カスタムソリューショングループは、運用時に完全校正可能な脅威シミュレーションシステムを顧客要求に合わせて構成し納入する事も可能です。

詳しくは下記URLをご覧ください。
http://about.keysight.com/ja/newsroom/pr/2017/em26_N5194A.shtml
PR
【緊急アンケート】「IoT向け通信規格、日本対応どれにする?」
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ