PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

新しいPathWave Advanced Design Systemソリューションが製品開発ワークフローを加速

2019/04/01

キーサイト・テクノロジー株式会社(旧アジレント・テクノロジー電子計測事業)

PathWave Memory Designerがデザインサイクルを短縮し、プロジェクトの遅延を低減

東京、2019年4月1日発

エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様がイノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援する、キーサイト・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:チエ ジュン、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、PathWave Memory Designerを発表しました。PathWave Memory Designerは、PathWave Advanced Design System (ADS) 2019に含まれる、新しいDDR(ダブル・データ・レート)メモリシミュレーション機能です。この新しい機能を使用すると、開発者がシミュレーションデータと実際の測定結果を簡単に比較できるため、製品開発ワークフロー完了までの時間が短縮されます。

DDRメモリの世代が変わるごとにデザインの複雑さが増し、シミュレーションとテスト構成も複雑化するため、シミュレーションとテストのセットアップ時間は長くなる一方です。複雑さが増すと、シミュレーションデータとテストデータを相関させることが難しくなるため、デザインに対する信頼性が低下し、トラブルシューティングにかかる時間が長くなり、予定していた納期に間に合わなくなるといった事態を招きます。PathWave Memory Designerを使用するとシミュレーションワークフローとテストワークフローがつながるため、ルーチンタスクを自動化し、データ分析を活用してシミュレーションデータに関する実用的な情報をより速く入手することができ、DDRメモリデザインの一般的な課題を解決します。

当社のデザイン・テストソフトウェア部門のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるTodd Cutlerは、次のように述べています。「製品開発ワークフローの効率化は業界の課題です。とりわけ、それぞれ担当者が異なるデザインとテスト間を連携させる橋渡しをすることが重要視されています。キーサイトのPathWaveにより、エンジニアは1つの方法でテストデータと測定データの収集、共有、解析を行うことができます。新たにPathWave ADSのMemory Designer が提供するDDRのシミュレーション向けワークフローは、デザインサイクルを短縮しプロジェクトの遅延を低減します。」

キーサイトのPathWaveは、エンジニアリングワークフローの加速を支援するため、迅速にデザインとテストの統合を可能にする、以下の特長を備えたソフトウェアです。

■プラットフォームのカスタマイズ、および現在のハードウェア/ソフトウェアとの統合を実現する、オープンAPIおよびオープン・ソース・コンポーネント
■専用ワークステーション、パブリッククラウド/プライベートクラウド、計測器内蔵のソフトウェアのいずれでも計算を実行できる柔軟性を備えた、スケーラブルなアーキテクチャー
■お客様がソフトウェアを時間や場所に関係なく必要なときに利用できる、柔軟な消費モデル
■デザイン環境、テスト環境、製造環境を通して一貫性のある正確な結果が得られる、業界最高の測定技術