PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

ダブル・パルス・テスト機能を搭載したダイナミック・パワー・デバイス・アナライザを発表

2019/07/12

キーサイト・テクノロジー株式会社(旧アジレント・テクノロジー電子計測事業)

~ワイドバンドギャップ半導体の一貫した信頼性の高い特性評価を実現し、安全なテスト環境を確保~


エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様がイノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援する、キーサイト・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:チエ ジュン、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、ダブル・パルス・テスト機能を搭載した新しいダイナミック・パワー・デバイス・アナライザ(PD1500A)を発表しました。本製品はワイドバンドギャップ(WBG)半導体について信頼でき再現性が高い測定を実現します。また、作業者にもハードウェアにも安全な測定を実行できます。

電気自動車(EV)市場の世界的な成長により、高出力かつ高効率な小型電力システムの需要が高まっています。再生可能エネルギーやEVなどのミッションクリティカルなアプリケーション向けのWBG半導体テクノロジーに業界が注目している一方で、多くのパワーコンバーター設計者は、シリコンカーバイド(SiC)、窒化ガリウム(GaN)などの次世代半導体の特性評価における信頼性や再現性の潜在的なリスクが理由で、この新しいテクノロジーの導入を躊躇しています。また、最新の絶縁ゲート・バイポーラ・トランジスタ(IGBT)の特性評価も重要視されています。

SiCやGaNなどのデバイス特性を十分に評価するには、静的および動的な測定が共に必要となります。キーサイトのB1505AおよびB1506Aパワー・デバイス・アナライザではこうした静的測定を実行できます。さらに新しくPD1500Aが加わり、さまざまな動的測定に対応するために必要な柔軟性を提供します。半導体技術協会(JEDEC)により確立されるWBGデバイスの規格は今後も進化し続けるため、このシステム柔軟性はたいへん重要になります。JEDECは半導体と技術の標準化を行っている団体です。

キーサイトのPD1500Aはモジュール方式で設計されており、さまざまな種類のデバイスをテストできるだけでなく、異なる特性評価をさまざまなパワーレベルで実行できます。最初のリリースでは、最大1.2kVと200Aで、SiやSiCのパワー半導体のダブル・パルス・テストによる特性評価とパラメーター抽出が行えます。将来的にはPD1500Aにモジュールを追加して、GaNやパワーモジュールなどの高速あるいは多くの電流を必要とするデバイスのテストも実行できます。

当社オートモーティブおよびエネルギー・ソリューション・グループのバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるSiegfried Grossは次のように述べています。「革新的なパワーデバイスへの移行を安全かつスムーズに実現するために、自動車のEモビリティーエコシステムは、測定結果に保証がなく信頼しかねる手製や旧世代のダイナミックテスト装置に固執することなく、優れた測定装置の導入を急ぐ必要があります。キーサイトは、ダイナミック・パワーデバイス・アナライザのプラットフォームを開発するために、半導体メーカーだけでなく、エネルギー業界やEV業界の設計者とも緊密に協力しています。このプラットフォームのダブル・パルス・テスト機能により、再現性が高く、信頼でき、安全なパワーデバイスの動特性評価を実現できます。」

ダブル・パルス・テスト機能を搭載したキーサイトの新しいPD1500Aダイナミック・パワー・デバイス・アナライザは、ワイドバンドギャップ(WBG)半導体を含むパワー半導体の信頼性と再現性のある測定を提供し、以下を可能にします。

■設計にかかる時間と試作回数を減らすことで、コストを削減し、製品化までの時間を短縮
■安全なテスト環境の実現
■すぐに使えるテストソリューションによる文書化、サポート、管理工数を削減と、複数台あるいは複数拠点にあるテスタのメンテナンス効率の向上
■耐久性試験(今後対応予定のショートサーキット試験やアバランシェ試験)により、信頼性の問題に素早く対応
■テストプロセスの簡素化と自動化
■設計やシミュレーションソフトウェア(PD1000A)で使用されるデバイスモデルの改善

ダイナミック・パワー・デバイス・アナライザは、7月11日および12日に開催されるKeysight Worldにて、日本で初めて展示をする予定です。