PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?
3Gモバイル通信対応気象観測用データロガRX3003

新しいRFベクトル信号発生器を発表

2019/09/04

キーサイト・テクノロジー株式会社

~IoT/汎用デバイスを設計するエンジニアのテスト/測定ニーズに応える高度な機能を低価格で実現~

エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様がイノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援する、キーサイト・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:チエ ジュン、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、新しいCXG Xシリーズ RFベクトル信号発生器を発表しました。この新しい信号発生器は、コストパフォーマンスに優れた性能と規格準拠を実現し、IoT/汎用デバイスを設計するエンジニアのニーズを満たすものです。

IoT/汎用デバイスの研究開発/設計検証(DVT)担当エンジニアは、昨今の拡大し続ける民生用エレクトロニクス市場に対応する必要があります。このようなエンジニアは、多岐にわたる民生用エレクトロニクスのデバイスに対応でき、異なる無線規格でレシーバーテストを実行するために必要な性能を提供する、経済的で汎用性の高いテスト/測定システムを必要としています。

キーサイトの新しいCXGにより、IoT/汎用デバイスをデザインするエンジニアは以下が可能になります。
■製品開発サイクルの時間短縮
■キーサイトのPathWave信号発生ソフトウェアによるデザイン特性評価の信頼性向上
■限られた予算内で高品質の信号でのテストを実現

当社グローバルパートナー部門シニアディレクターであるKari Fauberは次のように述べています。「多岐にわたる民生エレクトロニクスのデバイスのテストを、進化を続ける多様な無線規格で実行する際に、エンジニアが必要とする性能をキーサイトのCXGソリューションが低価格で実現しています。また、すでに多くのお客様に使用されているCXAシリーズのシグナルアナライザと共に、当社の契約販売店で販売しています。」

当社のCXG信号発生器の主な機能は以下の通りです。
■大部分の民生用無線アプリケーションテストの要件に対応する9kHz~3/6GHzの周波数レンジおよび最大120MHzのRF変調帯域
■コンポーネントの基本パラメトリックテストおよびレシーバのファンクション検証を実行
■検証済みのさまざまな規格準拠のベクトル信号でデバイスをテスト
■信頼性の高いベクトル信号発生器によって、無線通信システム内部のコンポーネントを容易にトラブルシューティング
■セルフメンテナンス方式と低コストの修理により、ダウンタイムを最小化して費用を節約
PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ