PR
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ

ヘンケルジャパン、表面処理加工技術展2019にてアルミ・チタン用コーティング剤を展示

2019/02/05

ヘンケルジャパン(株)

ドイツの化学・消費財メーカー ヘンケルの日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:金井 博之)のジェネラルインダストリー事業本部は、「表面処理加工技術展」(日時:2019年2月20日 会場:大阪産業創造館)に出展します。ヘンケルジャパンブースでは、アルミやチタンなどの軽金属向けコーティング技術「エレクトロ セラミック コーティング(ECC)」を中心に展示いたします。

■軽金属表面処理技術エレクトロ セラミック コーティングとは
ヘンケルが特許を有するプラズマ電解析出法で、軽金属に耐食性、耐熱性、耐摩耗性、塗膜密着性などの機能性を付与するコーティング技術です。アルミ/アルミ合金、チタン/チタン合金素材の筐体やパーツなどが対象で、特に厳しい環境にさらされる船舶や自動車などの駆動系部品、建築関連資材、精密機械部品などに適用されます。

ヘンケルは、2013年に横浜アジア・パシフィック技術センターにECC処理のパイロット施設を開設し、最先端の設備と経験豊かな技術チームによって、総合的なエンジニアリングソリューションを提供しています。

<展示会概要>
表面処理加工技術展2019
2019年2月20日(水)10:30 ~ 17:00  
大阪産業創造館3階~4階、入場無料、要事前登録

ヘンケルジャパンブース:3階 (ブース番号13)
主催:大阪産業創造館(公益財団法人大阪市都市型産業振興センター)
概要:表面処理技術とコーティング技術に特化した専門商談会。 防汚、帯電防止、撥水といった表面処理加工、フッソ樹脂などの各種コーティング技術を持つ企業が集合。

ヘンケルジャパン展示品:エレクトロ セラミック コーティング、アルマイト関連製品、ロックタイト製品

ヘンケルについて
ヘンケルはバランスのよい、多角的なポートフォリオを備え、産業および一般消費者向け事業をグローバルに展開しています。優れたブランドとイノベーション、テクノロジーを誇るヘンケルは、アドヒーシブテクノロジーズ(接着技術)、ビューティーケア、ランドリー&ホームケアの3分野において、グローバルリーダーとしての地位を維持しています。1876年に創立し、140年以上に及ぶ成功の歴史があるヘンケルは、ドイツのデュッセルドルフに本社を置き、世界に約53,000名の社員を擁しています。サステナビリティの分野をリードする存在として評価されるヘンケルは、多くの国際的指標やランキングでトップの地位を維持しています。2018年の売上高は200億ユーロ、営業利益はおよそ35億ユーロに上ります。ヘンケルの優先株はドイツ株式指数DAXのリストに入っております。さらなる情報はこちらwww.henkel.comをご覧ください。
PR
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?