PervasID Space Ranger 店舗自動棚卸システム

(株)サイレンスネット

RFIDの課題Nullポイントを回避、-100dBiの感度でエリア内タグを一括読取り

アパレル業界では、商品にRFIDタグを取り付けるブランドが急速に増え、アパレル製品の入庫、出庫、棚卸しなどの業務にRFIDを使った管理を導入すると、一般には作業効率が10ないし20倍に向上すると言われています。わが国では労働人口の減少が急であり、作業効率の向上はあらゆる業務において早急な解決を迫られている課題です。

アパレル業界における業務では、生産や物流の過程では商品が段ボールなどの大きな箱に収容されていることが多く、RFIDによる商品管理を導入することによって、比較的簡単に生産性の向上を図ることができます。しかし梱包が解かれて商品が陳列される店舗内では、棚卸し業務は人手に頼る以外はないのが現実です。アパレル商品にタグを取り付けている店舗内で、スタッフがハンディリーダを持って四方八方に歩き回っている光景を目にすることがあります。あれがまさに店舗内での棚卸し作業です。あのようなスタッフの作業に頼る業務が人的な負担になるのは明らかであり、経営効率の向上には可能な限り自動化をすることが欠かせない課題です。

商品にRFIDタグが付いていればPervasID社製の所在検知ステムSpace Rangerを利用して、店舗内あるいはバックヤードのどのエリアにどのアイテムがあるかを常時把握することが可能になります。それによって人手による棚卸し作業は不要になり、商品の欠品状況を把握して自動的なオーダリングを行うことによって、販売機会ロスを最小化する運用に繋げることも可能になります。PervasID社製のSpace Rangerは特殊なRFIDアンテナ技術を採用して、従来のRFIDリーダの数十倍のタグ受信感度を実現しています。それによりほぼ完璧にタグを読み取ると同時に所在エリアの検知も行うことができるシステムです。

また同じRFIDリーダを未清算のタグを検知するためのSecurity Rangerシステムに応用することも可能です。店舗の出入り口に専用のRFIDアンテナを配置することによって、未精算のタグの検知を高速に行うことができる仕組みがSecurity Rangerです。すなわちSpace Ranger とSecurity Rangerは同一のシステムで構成をすることが可能であり、店舗内で有機的に結合するシステムを構築することができます。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ

製品カタログ

PervasID

エリア内に吊るされた(置かれた)UHFパッシブタグを一括読みします。 RFID通信の弱点Nullポイントを避け、-100dBiの高感度で実現します。

インターメック社製カメラモジュール EA20X
Omni-ID Exo 2000
RFID試験・検査装置 Xplorer
UHF SlimLine Shelving & Cabinet アンテナ A7075
マイクロスキャン 固定型二次元シンボルリーダ Micro HAWK ID-40
UHF Ruggedline IP67 アンテナ A3010
製品ダイジェストカタログ

会社情報

(株)サイレンスネット

自動認識のサイレンスネット
わたしたちは、自動認識技術で社会に貢献します。

(株)サイレンスネット
〒2220033
神奈川県 横浜市港北区新横浜2-5-9 新横浜フジカビル
電話: 0454751555
http://www.silencenet.com/