リーグルジャパン(株)

リーグルジャパン(株)

リーグルジャパンはオーストリ−・RIEGL Laser Measurement System GmbH社との合弁会社で、日本総代理店リーグルジャパン株式会社として設立され、同社の2D・3Dレーザースキャナー及び距離・速度測定器を輸入販売し、その輸入業務・エンジニアリング及びアフターサービスを主たる業務としております。

リーグルジャパン(株)の製品

リーグルジャパン(株)のカタログ・ホワイトペーパー

地上型3Dレーザースキャナー RIEGL VZ-400i/2000i

「RIEGL VZ-400i」「RIEGL VZ-2000i」を紹介。

UAV LiDARシステム
RIEGL社製 UAS/UAV レーザースキャニングシステム VUX-SYS
グリーンレーザー距離計搭載型測深システム RIEGL BDF-1
航空レーザー測深機 RIEGL VQ-880-G

リーグルジャパン(株)のトピックス

2017-04-17

出展予定のイベント情報』を追加しました

リーグルジャパン(株)のニュース

2015-02-06

UAV向けレーザースキャナー「RIEGL VUX-1」の国内初フライトを実施

UAV向けとして開発されました、超小型・軽量タイプの航空レーザースキャナー「RIEGL VUX-1」。2014年2月の販売開始依頼、非常に大きな反響を呼んでいました。 この度、中日本航空株式会社殿、株式会社コハタ殿との共同プロジェクトによって、産業用無人ヘリコプター ヤマハ R-MAX L-18 にVUX-1を搭載し、国内初のフライト、データ取得が成功しました。 航空レーザーでは達成できない高密度な点群データを上空から計測する事で、これまでレーザー計測は難しいとされていたエリアへの活用が期待されています。 計測した点群データをご確認いただけます。 【システムについてのお問い合わせ】 中日本...

2012-11-16

全波形処理方式により様々な高度での差動が可能な航空レーザースキャナー「RIEGL LMS-Q780」を発売

RIEGL社は、この度 新しい長距離・航空測量用レーザースキャナー「RIEGL LMS-Q780」を発売しました。 強力なレーザー光源と、Multiple-Time-Around処理(MTA)およびRIEGL社独自のデジタル全波形分析処理を採用した事により様々な高度での作動が可能となったため 複雑な地形の航空測量に好適な製品です。 「LMS-Q780」は、データ収集中にオンラインで反射信号をデジタル化し、次のオフライン波形分析によって詳細なターゲットパラメーターを収集します。この方法は林冠調査やターゲット分類といった困難な課題を扱う時に、非常に価値があります。 「Multiple-Time-...

2012-11-09

オンライン波形分析式の地上型3Dレーザースキャナー「RIEGL VZ-6000」を発売

RIEGL社は、この度 オンライン波形分析式 地上型3Dレーザースキャナー「VZ-6000」を発売致しました。 リフレクター無しで6,000mまでの素晴らしい超長距離測定性能を発揮します。 RIEGL社独自のV-ライン技術は、エコーデジタル処理・オンライン波形分析に基づいています。VZ-6000は悪い視界でも優れた測定が可能で、砂ぼこりや霧、雨、雪などによる複数ターゲットの反射環境でも測定ができます。 このレーザー波長によって、VZ-6000は雪氷面の計測に最も適しています。 ≪作動モード≫ ・7インチのタッチスクリーンによる内蔵のグラフィカルインターフェースによるスタンドアローンでのデー...

2012-04-05

レーザークラス1を保ちながら、リフレクターなしで4,000mまでの超長距離測定性能を発揮

リーグルジャパン株式会社(東京都中野区)は、RIEGL社3Dレーザースキャナー「VZシリーズ」の新製品「VZ-4000」を発売しました。 完全なアイセーフ(レーザークラス1)を保ちながら、リフレクターなしで4,000mまでの素晴らしい超長距離測定性能を発揮します。 RIEGL社独自のV-ライン技術は、エコーデジタル処理・オンライン波形分析に基づいており、このような超長距離測定を可能にするキーポイントです。VZ-4000は悪い視界でも優れた測定が可能で、鉱山の現場のような悪い環境でしばしば見られる、砂ぼこりや霧、雨、雪などによる複数ターゲットの反射環境でも測定ができます。 ≪作動モード≫ ・...

2012-04-04

高速走行中でも非常に高い測定レートで、高密度・高精度の機能豊富なデータを提供

リーグルジャパン株式会社(東京都中野区)は、高速走行中に高度な3Dデータ収集が可能なモバイルレーザースキャニングシステム「RIEGL VMX-450」を発売しました。 ≪概 要≫ ルーフキャリアーに取り付けた測定ヘッド部には、2台の「RIEGL VQ-450レーザースキャナー」と慣性測定装置及びGNSSが空気力学的に設計されたケースに組み込まれています。 優れた設計のカメラプラットフォームは容易な取り付けが可能で、6台までのデジタルカメラが搭載できます。 高精度・高分解能を特徴とする高速3Dデータ収集は、道路マッピングや鉄道路線(例えば、路線資産、騒音防止、空間距離測定など)、水路、港、...

企業概要

社名 リーグルジャパン(株)
住所 〒164-0013
東京都 中野区弥生町5-11-29 フジビル2F
Web http://www.riegl-japan.co.jp/
TEL 03-3382-7340
FAX 03-3382-5843
事業内容 弊社はオーストリ−・Riegl Laser Measurement System GmbH社との合弁会社で、日本総代理店及びアジア各地区の販売拠点として設立され、同社の2D・3Dレーザースキャナー及び距離・速度測定器を輸入販売し、その輸入業務・
エンジニアリング及びアフターサービスを主たる業務としております。

また、一部日本製部品を同社へ供給の為に輸出し、さらに同測定器の周辺機器を国産化しております。

輸入しました製品は、弊社にて検査後、主取引先であり、販売代理店である株式会社守谷商会や、或いは他の商社等を通して客先へ納入いたしております。

主たる製品は、レーザーパルスを発射して、目標物からその反射光が返ってくるまでの時間を測定する事によって、目標物までの距離を知ることのできる測定器で、広範囲な応用例があります。

数メートル先から、数キロメートルの範囲を特別な反射器なしに測定できる各種モデルをそろえています。 特殊なモデルを除き、全ての装置はレーザーの安全規格が「クラス1」の製品です。

Riegl社の製品は、平成5年に当時の輸入代理店(ツィンマージャパン株式会社)によって、日本に紹介されて以来、約1,500セット以上の納入実績(平成25年4月現在)を持ち、航空測量・土木測量用途をはじめ、鉄鋼メーカー、自動車メーカー、大学などの研究用途等で広く使われています。
資本金 10,000,000円
出資比率 日本 74% : オーストリア 26%
決算期日 毎年 9月30日
取引銀行 三井住友銀行 東京中央支店
西京信用金庫 南中野支店