PR
◆耐摩耗性、メンテナンス性、高粘度液・高濃度スラリーの移送に優れたスラリーポンプ
⇒⇒⇒セキュアなワイヤレスIoTをお求めですか?

砥粒流動加工(AFM・バリ取り・研磨・Rづけ)

(株)エクスツルードホーン

穴部の均一化した仕上げが可能

エクスツルードホーンでは、粘弾性樹脂に砥粒を混ぜた工具(メディア)と機械を組み合わせた「砥粒流動加工」により、バリ取り・Rづけや部品金型面研磨などを行っている。従来の工法では難しかった箇所への加工が容易に行え、ワークの形状・材質・加工目的に応じて粘弾性・砥粒粒形が選定可能。バリ取りサイクルタイム:1~3分、研磨サイクルタイム:10~30分、低ランニングコスト。

この製品が気になった方はこちら
製品カタログ
お問い合わせ

仕様

型番 EX-800、EX-1000、EX1500、EX-2150、EX-2200、EX-3250
価格 応相談
納期 3~5ヶ月以内
用途 バリ取り・研磨・Rつけ
寸法 応相談
重量 応相談
対応規格 日本、各国対応
利用されている業界 全ての産業

その他の情報

メディアを加工を施したい箇所に対して押し込み、圧縮運動により表面改善・バリ取り・エッジのR付けなどを容易に行う。メディアは、加工対象物の形状・材質・加工目的によって様々な仕様のものが必要。

メディア構成はキャリアの粘弾度、砥粒、材質、粒度の組み合わせにより調合され、一般的に鋳鉄、アルミ、鉄には炭化珪素を入れた「標準メディア」を使用。超硬やセラミック用には「ダイヤモンドメディア」を使用。AFMメディアは使用条件やアプリケーションにもよるが、再利用可能。エクスツルードホーンでは多種多様のメディアを保有し、メディアの特注提供も可能。

数十円~数千円まで(取数による)の低ランニングコストを実現。

関連製品カタログ

μAFM 砥粒流動加工(流量調整)

主な用途としては自動車、重機器、船舶用の燃料噴射システムのノズル穴の処理 自動化が有効で条件にもよるが1個辺りの処理時間が20秒から40秒の間で実現可能

Markforged社 カーボンファイバー3Dプリンター X7
タレットパンチプレス PαスーパーパンチプレスII
同軸ワイヤーストリッパー Cosmic 48R/48RX
半自動テーピングマシン KTR10
2次元・3次元レーザー直接描画加工用ワークステーション μFAB
全自動両端圧接機 DECAM D-NK
卓上型回転式電動ストリッパー

会社情報

(株)エクスツルードホーン

エクスツルードホーンは常に最先端の製造テクノロジーを提供し、最高品質の表面仕上げを世界に向けて創出して参りました。
たゆまぬ技術革新とお客様のご要求への理解を深めることにより、
全ての製造業における複雑なバリ取りと表面処理の問題を解決するのに貢献しています。

(株)エクスツルードホーン
〒3410034
埼玉県 三郷市新和3-139-1
電話: 0489540811
http://extrudehone.com/
PR
【新登場】ワイヤレスデータロガーHD35シリーズ / WEBデータロガーHD50シリーズ